無料ブログはココログ

« 演劇「原理日本」(青年劇場)が始まる | トップページ | 名護城(なんぐすく)のサクラまつり(17年1月28日) »

2017年2月11日 (土)

沖展事務局から受け取ってきた(17年2月11日)

 今日は那覇まで行き、先日沖展に出した作品を受けとりに行った。無論、写真部門だ。題して「墜落」。安部に落ちた奴だ。沖展に出すには、クソリアリズム過ぎたのか。素材が柔だったからか。またプリントが行き届かなかったか。つうことで、写真プリント用のプリンターと本体を買うつもりだ。

 しかしよく見れば、落選作だからと言って、このまま捨てるにはもったいない。どこかで使えるようにしたい。貸し出すとか(大きさはB2版、4枚組。要相談)。

 午後は、名護市でオスプレイ墜落の危険性という学習会があった。詳細は別途しますが、論点が多数出された。例えば提供区域外の飛行には押さえが掛かっていて、何でもありじゃないと。日米地位協定ですら、すべて思い通りにいくはずないだろと。

 しかし提供区域外をどう見破るのか。証拠を残して。此処のひと工夫が重要だと思う。例えば辺野古テントの真北500mにオスプレイパッドが在る。真上を北に飛べば辺野古の集落を越えて、国道329号線を越えて、シュワブの中だ。こちらから見れば、送電線の手前を飛べば区域外であり、奥を飛べば区域内。極めて分かりやすいのだ。これでも駄目だと言うのであれば、南北方向と東西方向から撮ればいい。このクロス点を結べば、ピタリと内外が分かるはずだ。

 ただ一人ではできない作業だ。しょっちゅう現場にこれる人が居たら、申し出てもらえたら、ありがたい。

« 演劇「原理日本」(青年劇場)が始まる | トップページ | 名護城(なんぐすく)のサクラまつり(17年1月28日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/69568247

この記事へのトラックバック一覧です: 沖展事務局から受け取ってきた(17年2月11日):

« 演劇「原理日本」(青年劇場)が始まる | トップページ | 名護城(なんぐすく)のサクラまつり(17年1月28日) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30