無料ブログはココログ

« 昨日のこと、少々(17年3月29日) | トップページ | 菅官房長官の『知事に賠償請求検討』に思う »

2017年3月29日 (水)

山城さん、稲葉さんへの第2回公判、検察の大失態

 17年3月27日、山城博治さん、稲葉博さんへの第2回公判。威力業務妨害罪の容疑で那覇地検が起訴したのだが、この日、なんと審議中断。検察が用意した証拠物である動画を誰が撮ったものだかが怪しくなったのだ。全く同じ画像(時間まで)が別の撮り手の名前であったり、別の動画を継ぎはぎしていたり。

 事件は16年1月なのだ。これを16年11月に警察が逮捕に及んだのであり、充分に計画的な逮捕であり起訴なのだ。それが裁判の基本の基である証拠物件の捏造を疑いうる遣り方に、呆れ返る。3月27日の裁判は中断し、実質審理ナシに。

 だいたい何故に威力業務妨害を構成するのかが怪しいからこそ証拠物件を徒にいじっている(検討・加工)うちに何が何だか分からなくなったのではないのか。お粗末に過ぎる。

 次回は4月17日だそうです。

« 昨日のこと、少々(17年3月29日) | トップページ | 菅官房長官の『知事に賠償請求検討』に思う »

弾圧に抗するために」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
 本当に腐りきったこの国の歩みを沖縄で見ていると、情けなくなります。この国の腐り方を、多くの皆様にも直視していただきたい。
 私達は、長いものに巻かれて、優柔不断ではないことをこの国に突きつけていきたいものです。前をまっすぐに見ながら、歴史から学びながら、歩みましょう。沖縄戦から72年、沖縄を切り捨てた日本の「独立」から65年、沖縄の日本への「復帰」から45年目を迎えるのです。
 沖縄を踏みつけながら、再び戦争に向かう動向を止められないのだとしたら、よほどの大バカですぞ。
 「何故?」の一言を耳を澄まして聞き取りましょう。

 絵に描いた様な本末転倒ですね。「目的の為に手段を択ばず」ということわざがありますが、その後には「手段の為に目的を忘却す」が続く事もあると何かで読みました。そのまんまやりよったというのが第一印象でしたけど、これは公の場で行われているその人の罪の有無を争う場ですから、笑い事じゃない。山城さんの保釈はまず嬉しかったですし、お元気な姿を見れてひとまずほっとしました。本当の闘いはこれからですから、お体に気を付けて闘い抜いて頂きたいし、できる支援をしていきたい。
 菅官房長官の「損害賠償請求」発言もそうですが、どっちが!?と思うことが次々でてきます。どんな事柄にしてもそうですが、「なぜ?」この一言を思考停止させている(させられている)ことに気づけない、それを留めきれない自身への歯がゆさも感じます。
 私たちは目的(主眼)が何なのか、見失うことなく、一貫した活動を、今以上に多くの人たちと共有する努力が、今以上に求められていますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/70082141

この記事へのトラックバック一覧です: 山城さん、稲葉さんへの第2回公判、検察の大失態:

« 昨日のこと、少々(17年3月29日) | トップページ | 菅官房長官の『知事に賠償請求検討』に思う »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31