無料ブログはココログ

« 海保GBが抗議船に突っ込んできた(17年3月8日9時20分頃) | トップページ | テレビbs「アレクシェービッチの旅路」再放送 »

2017年3月 9日 (木)

沖縄だから罷り通ると思うな!!(17年3月9日)

 昨日のことだ。海保が大浦湾で抗議船に正面衝突してきた。どう映像を見ても、減速していない。其れもあちらからフロートを乗越えてのことだ。前に国に雇われている作業船(警戒船か)が横切ったが、これを追いかけさせまいとしたのかもしれないが、こちらがただ航行中の作業船にぶつけることはありえない。海保はそんなことは分かりきっているはずだ。海上で危険行為を行ったのは誰かは、はっきりしている。

 他方、米軍はキャンプハンセンの内外で吊り下げ訓練を8日午後再開した。宜野座村や付近住民の反対の声を無視してのことだ。これは昨年12月にも問題になった場所で、宜野座村と金武町の堺。演習場と民間地の間でのことだ。そしてたった30分足らずの時間のうちに、釣り下げていたタイヤの束を落としたのだ。稚拙なのに傲慢という、米軍の態度。城原区の住民曰く「人に落ちたら死にますよ」(沖縄タイムス-17年3月9日)だ。

 米軍は戦場でやるための演習だから、住民など死んでもかまわないのか。ここは沖縄なのだ。人殺しのための訓練だから、安全管理ゼロでは、一切の演習をやめていただくしかない。

 そして極めつけはニコルソン4軍調整官の3月8日の発言。嘉手納基地等での夜間(深夜・未明を含む)訓練を必要だとぶちあげた。これも軍の身勝手。論理にすらなっていない。軍の身勝手を押し通したいのであれば、どこかの無人島でやれば。彼らはこれまで力づくで「無人島」にしてきた実績もあるので、米国本国のという条件をつけるしかないが。

 沖縄だから許されてきたのか? 誰が許してきたのか。米国政府の傲慢と日本政府の怠慢がだ。私達は一丸となって、断じて許さないと宣言しよう。命どぅ宝。

« 海保GBが抗議船に突っ込んできた(17年3月8日9時20分頃) | トップページ | テレビbs「アレクシェービッチの旅路」再放送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/69858953

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄だから罷り通ると思うな!!(17年3月9日):

« 海保GBが抗議船に突っ込んできた(17年3月8日9時20分頃) | トップページ | テレビbs「アレクシェービッチの旅路」再放送 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30