無料ブログはココログ

« 名護の空は青いぞ! | トップページ | 沖縄に心を寄せるために-補足 »

2017年3月15日 (水)

沖縄に心を寄せるためにできること

 私が沖縄に係わり始めて28年が経つ。1989年に、沖縄は「安保が見える島」だと聞いて行ったのだ。確かにそうだった。それ以来、縁があって係わる中で、米日共同での軍事基地の島としてあり続けており、一貫して硝煙が絶えない島であり、安保・軍事支配が優先された秩序が島の人々を覆っていることを何度も痛感させられてきた。さらに新基地建設が強行され、半永久的な基地の島化が推し進められようとしている。そして今、「戦場に近い島」から、再び「戦場にされる島」にされようとしている。こうした動きは決して沖縄に留まらない。アジアに広がり、当然日本全体に係わる問題なのである。

 この国は、このまま戦争に走り出し、破綻していくのだろうか。既にこうした道から私たちは引き返させるのか否か、大変困難な局面にあるだろう。だが、このまま諦めることはできまい。今を生きている私たちの責任だからだ。

 沖縄に心を寄せるとは、沖縄のためではない。沖縄の人々と私たち自身のためにだ。大日本帝国、日本国が歩んできた歴史を考えれば、沖縄を知ることなしに、「日本人」は新たな歴史を生き直せないだろうから。

 以下、沖縄に心を寄せるためには、どうしたらいいのかを私なりに提起したい。

 

①先ずは沖縄に行くこと。すべてはここから始まる。無論、お忙しい皆さんが早々ちょくちょく行くことはできないだろうし、お金もかかる。しかし行くこと・来ることなしに始まらない。事前学習をしてからおいでいただけると、話が早いだろうし、間違いも少ない。最初はグループで、徐々にご自身で、そして仲間を連れて。

②情報を得るためには、やはり沖縄2紙を購読することが早道だ。無論、2紙とも電子版があるが、本紙を読む意味は沖縄の熱とまなざしを知るためには、本紙に接することだ。特に読者からの投稿欄、生活・文化欄にも見るべき記事が多い。

  そう言われても自分では買えないと思う方にお伝えします。定期購読可です。また、個人では大変だがという場合は、グループでも可能です。さらに、公立図書館、学校図書館に定期購読を求めるもこともできます。註:図書館が新聞購読するのは年間契約です。年度途中でお願いと言っても予算の都合ではねられてしまいます(具体的には事前に図書館にいつ頃お願いすれば良いかを聞いておく)。

 特に公立図書館に依頼する場合は、事前にそこの蔵書傾向を調べておくこと。沖縄本は何があるかと。優秀な図書館員がいれば、それなりに蓄積されています。無論、地域に熱心な読者がいるか否かが大きな決めてになります。

③各地にある沖縄の闘いの仲間達と合流できれば、勇気百倍だろう。今時ならばインターネットで検索すれば色々とでてくるはずだ。たとえば「沖縄連帯 グループ 〇〇(地元の地名)」で検索。

 自分に合いそうかを考えてから連絡を取ること。信頼関係を大切に、地元で運動を始めてください。

④関連本を読むこと、沖縄文学を読むこと。色々と探して手当たり次第に読めばいい。ここで推薦とか書き出すと長くなるのでやめておきますが、先ずは図書館に行って、手にとって探したらいい。今の図書館員は余り詳しくない人が多いだろうが、色々と聞けば調べてくれます。

⑤電子情報をみること。こちらは先ずは私のブログと言いたいところだが、リンク先の沖縄関連をみてください。ツイッターも多数ありますし、フェイスブックもあります。ただ電子業界は、誹謗中傷派が多いので、お気をつけください。

⑥沖縄関連の文化を探ること。映画・音楽・舞踊・演劇・写真・美術・工芸、いろいろ。ご自身の興味がわくことから。やはり政治という突っ込みだけでなく、多面的に知ったほうが楽しいし、深くなります。たとえばご自身の近くの美術館などをチェックしておくと、案外やっていたりして。

 こうしたことも沖縄の地域の博物館や美術館を歩いてみると、色々な疑問がでてきて、興味を覚えるはず。

⑦ご自身の表現力を培い、沖縄を現していくこと。写真・絵画・詩作・俳句・短歌・琉歌・音楽・舞踊・エイサー、などなど。

⑧いつも沖縄を忘れない秘策は、これです。沖縄の塩、沖縄の黒砂糖などを食すること。沖縄の味覚から沖縄漬けになる。

⑨最後にこれが一番肝心なこと。これは何事にも共通する話。これは何だろう、何故だろうと考えることです。これをやらないと、一時の問題意識でおわってしまいます。

 以上です。何か参考になれば、幸いです。

« 名護の空は青いぞ! | トップページ | 沖縄に心を寄せるために-補足 »

私たちにできること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/69934561

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄に心を寄せるためにできること:

« 名護の空は青いぞ! | トップページ | 沖縄に心を寄せるために-補足 »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30