無料ブログはココログ

« 昨日のヤマヒデ(17年3月11日) | トップページ | 千代田と野原の間に潜む謎を考える(17年2月28日撮影) »

2017年3月12日 (日)

山城議長勾留 人権団体が国連に報告(沖縄タイムスより要約)

 2017年3月12日の沖縄タイムスに以下の記事が出ました。
 「山城議長勾留 国連に報告ー ジュネーブで6月にシンポ 人権団体、資金募る」とのタイトルで、

 要約すると、沖縄国際人権法研究会、反差別国際運動、沖縄大地域研究所研究班は、高江における弾圧の強化、「土人」発言、MXテレビでのデマ報道、山城さんに対する弾圧・長期勾留などのリポートを国連の表現の自由に関する特別報告者のデービット・ケイ氏に手渡した。
 ケイ氏は昨年4月に来日し、表現の自由を巡る日本の状況を調査した。今年6月にはジュネーブで開かれる国連人権理事会に結果を報告する予定で、同研究会らは沖縄の現状を追加提供してきた。6月にジュネーブでシンポを開き、国連関係者らの関心を高める計画。このための費用をクラウドファンディング(「ジャパンギビング」)で寄付を募っている。(以上)

○クラウドファンディングについては以下のサイトから。 http://japangiving.jp/p/5192

 先にあげた前田朗さんの国連人権理事会での声明の動きとも重なる動きであり、世界中が注目しているのだと知らしめなければならないでしょう。

○前田さんの声明についての記事

http://poyamahide.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-3639.html

 また、3月17日には沖縄地裁前、沖縄県庁前での取り組みがありますが、この国の闇・病みを暴露し、人権と戦争への道がどのように対立していくものなのかを沖縄をはじめあちこちで明らかにしていくシンポのようなものができないかと考えます。論点は、①沖縄に対する差別的な現状報告、②日本の治安維持法による弾圧の歴史的な射程から再考する、③この国が狙っている共謀罪に私たちは、どう構えるか、など。こんなことが各地でできたらいいと思います。

 デタラメな安倍政権に対して、一矢報いていきたいものです。

« 昨日のヤマヒデ(17年3月11日) | トップページ | 千代田と野原の間に潜む謎を考える(17年2月28日撮影) »

弾圧に抗するために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/69892846

この記事へのトラックバック一覧です: 山城議長勾留 人権団体が国連に報告(沖縄タイムスより要約):

« 昨日のヤマヒデ(17年3月11日) | トップページ | 千代田と野原の間に潜む謎を考える(17年2月28日撮影) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30