無料ブログはココログ

« 統一マダン東京(17年5月28日) | トップページ | 海上保安庁かと思いきや(17年4月28日)  »

2017年5月 3日 (水)

石垣島の駐屯地建設予定地を眺める(17年4月石垣島④)

 17年4月の石垣島のハイライトを記す。今回の石垣島のメインは陸自駐屯地予定地を西南西のバンナ岳方面からチェックすることだった。4月19日、晴れ。宿を7時30分頃発ち、徒歩で八重山農林高校から新川川を渡る

Imgp4222_1280x851
道沿いに自衛隊反対のノボリが並ぶ。8時12分。

Imgp5391_1280x851

今度は自衛隊配備推進派ののぼりが並んでいた。わかりやすいこと、日の丸を模したデザイン。日本国家に忠誠を誓いたいの? 8時26分。

浄水場をさらに北上。先で左折し緩斜面をあがっていく。

Imgp4236_1280x851_2
やっと先が見えてきた。奥の山が於茂登岳(525m)方面。その下が嵩田山(202m)の連なり。予定地はこの右下(画像から外れている?)。

Imgp4240_1024x681

バンナ岳に向かう道があるはずだが、農道をうろうろ。9時58分。

迷ったときはもと来た道を戻るのが鉄則。

なにやらコンクリートプラントとか残土置き場などが集中している場所に出てしまった。工場の人に道を尋ねる。
軽トラックでバンナ岳入り口まで送っていただいた。感謝。10時25分頃からバンナ岳に向かって車道を登り始める。

Imgp4248_1280x851

市街地を見下ろす。10時42分。

Imgp5407_1280x851
南の新港方面を眺める。手前が海上保安庁の港。PL型の巡視船が4隻見える(最大8~9隻停泊可)。その奥(上)の更地が新港の建設地。10時48分。

Imgp5408_1280x851
新港予定地全貌。南ゲートから行っても、はるか手前で立ち入り禁止のため、全貌を見たのは初めて。予想以上に広い。大型の軍艦が入るスペースは充分にあるだろう。10時50分。

Imgp4251_1280x851
バンナ岳脇にあるエメラルド展望台からバンナ岳北側を眺める。11時10分。

Imgp4256_1280x851
エメラルド展望台に敬意を表して、名前のいわれとなる名蔵湾を見下ろす。ここから北西方向。11時28分。

Imgp4260_1280x851

尾根を進み、北の「南の島の展望台」に。風通しが良くて、気持ちいい!

上の写真の丘の右下が予定地。12時42分。

Imgp4262_1280x851

西に広がる名蔵湾(左)と嵩田山を見る。こうみると駐屯地予定地は西の名蔵湾、東の石垣島空港、南の宮良湾と3方から攻められやすい。況してヘリ等で攻撃されたらひとたまりもない。5、600名で守ることは不可能だ。だとするとここに駐屯地(陣地)を置く意味は、海・空の戦いに陸側から助っ人する意味しかない。ただし、ミサイルを撃てば反撃されて、周辺の農地や家屋が破壊されるだろうが。移動式の発射装置であり、何時どこから発射するかで影響の及びかねない範囲は特定できないだろう。

Imgp4263_1280x851

同じ場所から右側がカーラ岳方面(空港の西側)。のどかな景色なのだが。

この間は標高30mから60m前後の平原が延びていることがわかる。

バンナ公園にくだり一休み。14時頃。農道を抜けて嵩田の手前(東側)を車道に出て、東へ。再びちょいと迷ったりいささか試行錯誤。

Imgp4284_1280x851
平得の予定地付近。15時16分。

Imgp5430_1280x851

良く見ると反対の幟だけじゃなく推進の幟もあった。15時13分。

Imgp4290_1280x851
平得の十字路。15時30分。北の開南まで少し歩く。

Imgp4295_1280x851
すっかり反対の幟やチラシが張られていた。15時48分。付近の人人の私に対する目も好意的だった。バス待ちにほぼ1時間。若干のコミニケーションができた。

今日の徒歩の距離は約15キロ。

地元は反対で固まってきたが、市長、市議会多数派が推進のねじれた構図。






« 統一マダン東京(17年5月28日) | トップページ | 海上保安庁かと思いきや(17年4月28日)  »

石垣島等(周辺)」カテゴリの記事

コメント

w.Y 様
 
 ヒロジが東京に呼ばれてスピーチしたことは、こちらの新聞で報じられています。力強い、心折れない頑張りが示されたと思います。
 しかし権力は巧妙。改憲案も新たなやり口を出してきています。既成事実に飲み込まれず、分断を許さず、沖縄の闘いを根本に据えながら、こちらも闘い方を再構築していかなければならないでしょう。
 これからもがんばりましょう。

mari kohime様

 私は石垣島に89年5月に一度行き、2011年以降、度々行くようになりました。予定地が平得・大俣といわれるようになり、様々なルートから同地を訪ね、如何なる意味でこの国がここを選んだのか検証したいと思いながら、歩いてきました。
 こうした流れの中での今回でしたので、市街地から予定地、飛行場から予定地、港湾から予定地を考え、戦場になるとすれば、どうなるかをシュミレーションしながら歩いてきました。大変不愉快な話ですが、やっぱり、シマンチュは見殺しにされます。其ればかりか周辺の八重山諸島のシマンチュも重大な危機に追いやられます。交通手段が閉ざされるからです。
 私達はこうならない、させない平和力を、外交力を、融和力を駆使しなければならないのです。
 これからも頑張りしていきましょう。

昨日の東京有明防災公園での憲法集会。何と沖縄から山城博治さんが来てくださり、5万5千人の参加者に力強いメッセージ。大きな声で歌も何曲か。力づけられました。友人は100人限定の激励会(6時~)に出席できるとはりきっていました。

石垣島の自衛隊配備地詳細が、はじめてわかりました。本当に、感謝と敬意を表します。  マラリアで死んだ者たちの魂を慰謝することが出来なくなります。でも、あなたへ感謝し、守ってくれることと思います。お身体ご自愛下さい。 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/70450545

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島の駐屯地建設予定地を眺める(17年4月石垣島④):

« 統一マダン東京(17年5月28日) | トップページ | 海上保安庁かと思いきや(17年4月28日)  »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31