無料ブログはココログ

« 2017年5月15日を迎えて | トップページ | 沖縄防衛局は「美ら島ぬ 防衛局」だそうです »

2017年5月15日 (月)

5月15日朝に

 昨晩は珍しく酒席を共にした。平和行進に参加された方々とのご苦労さん会だ。今年の5月15日前後はすべて、辺野古テントであり、どこにも参加したり取材できなかった。ちょっと残念。

 行進に参加されたかたがたは、何を見て、何を感じたのだろうか。歩きながら何を考えただろうか。夜の酒席などで何を語り合ったのだろうか。今日の新聞を見たらカヌー隊が沿岸を漕いでいる写真があった。行進参加者は気がついてくれただろうか。あのあたりが最近の埋め立てを巡る攻防の現場と気がついてくれただろうか。

 やはり、働きながら沖縄にも目を向けるのは、なかなか大変である。しかしこうしたきっかけから継続的に関心をもち、深めていって欲しい。持続こそが力になるのであり、持続できなかったら力にならない。昨夜、共に飲んだ彼らの中には、ここ10年沖縄に来ている人もいた。何を学んできたのかそれぞれの職場でも真価が問われているはずだ。

 安倍政権はいよいよ名文改憲に走る。政権が手にしたい体制とは何か。米国等と共に戦争のできる国と私達は正面から渡り合わなければならないのだ。

 こんな時代の中でも、私はもっと自由に沖縄に暮らしていることを楽しみたい。これが難題なのだが、最近やっと本を読めるようになってきた。持つべきものは、友と自然と読書体験だと思えるようになってきた。

 これは余談だが、昨日のテント脇で日の丸グループが言っていたことで、思わず笑った。カヌー隊が車に乗せてカヌーを砂浜から出しており、オカヤドカリを殺していると。自然を守るといいながら真逆じゃないかと。彼はオカヤドカリの生態と行動をしらないらしい。オカヤドカリは普段、浜の外側の林の中にいるのです。海辺に出てくるのは夜間。だから、カヌー隊はオカヤドカリを轢き殺したりしていません。無論、こんなことをしなくていい世の中に早くなって欲しい。ジュゴンが戻ってきて欲しい。壊しているのは殺しているのは誰かを正面から見て考えて欲しい。

« 2017年5月15日を迎えて | トップページ | 沖縄防衛局は「美ら島ぬ 防衛局」だそうです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

O様

 細かい話に応答していただきありがとうございます。嬉しいです。こうした自然観察や自然科学的な判断であれば、彼らでもそうだったかと言わざるをえないでしょう。人の無知に付け込んで言った者勝ちを許しません。
 オカヤドカリは名前にあるとおり、陸暮らしなのです。オカヤドカリは夜行性で、浜に出てくるのは夜間です。私たちの身近でいえば、テント村のある場所には時々昼間も出てきます。隣が防潮林だからです。オカヤドカリを海から引き離せるかと言えば、これは×。子孫を残すために、幼生を海に放します。暫く海暮らしをして陸にあがるのです。
 ではオカヤドカリはともかく、ヤドカリの仲間は浜にいるだろうと言われるかもしれません。こちらは多少微妙かも。こちらも日中の時間、ヤドカリの居場所は波打ち際が多いです。カヌーの台車は当然満潮時でも濡れない、流されない場所においています。また、もし踏んづけることがあったとしても、辺りは柔らかな砂。潜ってしまい、圧殺されることはないでしょう。

いつも辺野古現地の情報をブログで知らせていただき、感謝しています。
やはり知識が必要ですね。
<オカヤドカリは昼間は浜の外側の林の中にいて、夜間に浜に出てくる。だから、カヌーを運ぶ車両がオカヤドカリを轢くことはない。>
知識による反論に納得。決して余談ではありません。これらのような小さなこと一つひとつが大事だと思います。
アベ政権の放つさまざまな嘘偽り情報も、バカ臭いと思わないで一つひとつ反論していかないといけないのだと思います。実はばかばかしくなるのですが。でもやはり、「良くないけれど、まッイイか・・・面倒くさいし・・・」と放置していたら駄目なのですね。自戒を込めて。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/70567387

この記事へのトラックバック一覧です: 5月15日朝に:

« 2017年5月15日を迎えて | トップページ | 沖縄防衛局は「美ら島ぬ 防衛局」だそうです »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31