無料ブログはココログ

« 共謀罪法案、法務委員会をスルーして本会議で強行採決か!! | トップページ | 薄暗い夜明けの中で(17年6月15日) »

2017年6月15日 (木)

国会が壊されていく中で(17年6月15日未明)

   今入ってきた情報に寄れば、参議院本会議が15日2時から始まるらしい。参議院会館前には徹夜組の人々もいるそうだが、大手メディアは口裏を合わせたように報じない方針らしい。

 そもそも国会議員とは何なんだ。何様だと思っているのか。憲法第41条にこうある。「国会は、国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である」。だからこそ、国会を構成する国会議員は審議することのプロでなければならない。しかし彼らの現状は利権を追求することに堕しており、ウソと居直り、数の横暴だけで、事を処理してきた。

 今行われようとしていることは、国会法の第56条の3「委員会の中間報告」だ。これは、衆参の両院は「委員会(この場合は法務委員会)の審査中の案件について特に必要があるときは、中間報告を求めることができる」だ。同条の②「前項の中間報告があった案件について、議院が特に緊急を要すると認めたときは、委員会の審査に期限を附け又は議院の会議において審議することができる」に基づいているようだ。

 そもそも、本件は「特に必要がある」のか?!安倍政権と与党がタダタダ通したいだけだろう。そんなもののどこに必要性を認めることができるのだ。また、今回は委員会の審査を飛ばして、参議院(本会議)で審議して表決してしまおうと言うことだ。

 今おこなわれようとしていることは、国権の最高機関たる国会の自滅行為に他ならない。安倍政権が行っていることは、憲法の立憲主義を壊した挙句、今、国会を壊し、文字通りの独裁に走っているのだ。安倍は以前、こう口走った。「私は立法の長だ」と。彼らは、3権分立を破壊し、行政の長が全権を掌握する道に公然と踏み込んだのだ。その審議の対象が共謀罪なのだから、もはやこの国は、まともではない。悪ふざけの度が過ぎている。

 こんなことを私たちは断じて許してはならない。

 ここで立ち止まって考えてみよう。安倍らの森友、加計問題とは、何か。お友達同士が国家財産を切り売りして、私的に野合した儲け話だ。立派な不正行為だ。こんなことを公然とやってしまい、後は知らぬ存ぜぬ。公文書抹殺。72年前の大日本帝国は、敗戦直前に大量の公文書を焼き尽くしたが、今度は、パソコンで始末したのか。

 だが考えてもみよう。森友、加計問題など、まだまだ桁が小さい。せいぜい100億単位だ。しかしこんなことが罷り通るならば、軍事利権は桁違いにでかい。戦闘機1機で100億を超えるのだ。辺野古・大浦湾の埋立てであれば、1兆円を超えると言われている。どれだけお友達になれるかなで、国政が動き、税金が消費されていく。

 待った、待った。これまでの米日同盟はどうだったのか。どれほどの利権の構造ができあがっているのか。あな、おそろしや。

 私たちの敵は巨大だ。安倍のおともだち、公安警察、自衛隊、米軍、軍事産業、多数派の国会議員、殆どの裁判官、多くの国家公務員などなど。そしてだらしない大手のマスコミ。

 だからこそ、私たちはひるんではならない。共謀罪法案を廃案に、しっかりと声をあげ、新たな繋がりを作り出していこう。裏切りを許さず、不動の団結を生み出していこう。

                                    (2017年6月15日2時47分)

« 共謀罪法案、法務委員会をスルーして本会議で強行採決か!! | トップページ | 薄暗い夜明けの中で(17年6月15日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

  ありがとうございます。
 本当に暗澹たる思いで一杯です。しかし私たちがここで立ち止まってはオシマイです。私は、私達は如何様に生きていくのか?ここが問われています。若い人たちに何を伝えるのか、これが問題です。
 私達は如何に生きるべきかなどの問いを、70年代前半までで、打ち止めにしてきてしまいました。しかし今、これを再生しなくてはなりません。このままいけば、人を殺し、殺すことが「正義」である、と思い込まされ、時によっては、命を国に差し出すことが「運命」だという時代が目の前にやってきたのです。もはや、こうしたことは過去のことではありません。
 ここでは詳しく述べられませんが、私達は俗事に惑わされることなく、私たち自身が生きていく、生きていける方法を考え出すことが重要です。真摯に物事を考える基盤を作り直すことを各地で進められないものでしょうか。
 「野党共闘」などは多分に政治の領域の話でしょうが、人間としての最終楽章の場で、何ができるのか?焦らず、しっかりと、生き方を固めて生きたい。まだまだやるべきことは、やれることはあるはずです。   

日本という国の民主主義、私達の人権は、どうなっていくのでしょうか?

実に、暗澹たる気分です。私達の人権を無視した共謀罪の採決の仕方、恐ろしいことです。これから社会のことを学んでいく若い人達に、こんな政府しか持てない私達が恥ずかしいです。これからどのように生きていけば良いのか、若い人たちに教えることが出来ない!          
ヤマヒデの沖縄だより、いつもありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/70865341

この記事へのトラックバック一覧です: 国会が壊されていく中で(17年6月15日未明):

« 共謀罪法案、法務委員会をスルーして本会議で強行採決か!! | トップページ | 薄暗い夜明けの中で(17年6月15日) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31