無料ブログはココログ

« 何だろう3題(17年6月5日) | トップページ | 説明から対話への糸口を開きたい »

2017年6月26日 (月)

本日、午後、K1護岸の工事が始まったと(17年6月26日) 

 たった今飛び込んできたニュースです。本日(17年6月26日)午後、沖縄防衛局は、K1護岸の建設工事に着手したとのことです。このK1護岸とは辺野古側の基地建設予定地の護岸であり、辺野古崎を挟んでK9護岸の対極に位置しています。松田浜のフェンスから約500m先です。先週から海上保安庁が陸側からと海側からの海況の調査と打ち合わせをしている様子を何度も現認していましたから、何かあると予測していました。

 たまたま今日の午後、来訪者が重なっており、たまたま私が説明している時に民間ヘリ(取材ヘリ)がしつこく飛んでいました。また16時頃、漁港の護岸から引き揚げてきた大型の三脚を抱えた人が戻ってきたり、監視カメラの設置にきたと思われるトラックが漁港に入っていましたので、新たに監視カメラを設置した可能性が高いです。

 私たちは、今日の作業なるものを現認していないので、その実態をお伝えするのは明日になりますが、工事は新たな段階に入ったと思われます。

 この国のやることは、無茶苦茶です。全体の設計すらできていないばかりか、K9護岸を如何にして固定化するのかさえ決まらないままに、ガムシャラに工事を進めているのです。防衛省、沖縄防衛局は、何ら展望のないままの工事を即刻断念すべきです。

●補注:このK1護岸着手の情報は誤報でした。正確には着手のための仮設道路の建設です。ただこれは先週から始まっていました。何を持って始まったのかということで異なりますが、植栽を剥がす、整地するなどで、いつからが違ってくるのです。

 しかし沖縄防衛局が始める意思を示したことは重大です。(17年6月27日6時補注)

補足:辺野古(松田)浜のフェンスを越え基地の中に侵入すれば、刑特法違反になりかねません。対岸1000mにアルソックの警備所があります。彼らは常にこちらを監視しています。双眼鏡で見ていますが、何よりも監視カメラで見ているのです。陸側の2台の監視カメラが私達の動きを見張っています。コンクリートの壁があり、こちらが警備所から見えない位置でも見えているのは、この監視カメラで見ているのです。不用意な侵入は決して行わないでください。

« 何だろう3題(17年6月5日) | トップページ | 説明から対話への糸口を開きたい »

辺野古・大浦湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/70973605

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、午後、K1護岸の工事が始まったと(17年6月26日) :

« 何だろう3題(17年6月5日) | トップページ | 説明から対話への糸口を開きたい »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30