無料ブログはココログ

« またまた道交法違反容疑で逮捕されていた(17年6月12日) | トップページ | 世田谷区成城学園前で桜井純子さんにあった(17年6月11日) »

2017年6月14日 (水)

米軍、今夜、パラシュート降下訓練を強行か(17年6月14日)

 17年6月12日、在沖米軍第18航空団が沖縄防衛局と嘉手納町に、嘉手納基地での降下訓練を14日に実施すると通知していた。

 今朝(17年6月14日)の新聞に、改めて「降下訓練今夜に強行」とある。「嘉手納 3ヶ月連続 常態化」とも。

 この問題は、96年12月2日に沖縄に関する特別行動委員会(SACO)での合意でこう決まったはずだ。

「土地の返還」の項目のあとにある「訓練及び運用の調整」の項に、「パラシュート降下訓練」で「パラシュート降下訓練を伊江島補助飛行場に移転する」と明言している。保留条項、但し書きは一項もないのだ。一体米軍は何を血迷っているのか!?

 SACO合意は、「日米同盟関係を強化するために」と、前文でふれており、私が当たっている同文も防衛白書にある日本語だから仮訳であり、もしかすると英語版には但し書きが隠されているのかもしれないが。

 しかし米軍がやってきたこと、やろうとしてきたこたは、明白に、この沖縄に関する特別行動委員会の合意に反して居る。

 さらにこの合意には「騒音環境イニシアティブの実施」の中で海軍機の駐機場の移転があげられていた。1996年末の合意事項だが、これが実施されたのは2017年1月だった。しかし移転して空いたスペースは、米国本国から移駐してきた戦闘機の駐機場になっているのだ。

 米国は合意を守るつもりはないらしい。日本国政府・安倍内閣は合意を守らせる気がないようだ。おかしな「日米同盟」だ。

 確かに、これまでの日米安保体制も米国の言いなりで来た。日本政府は独特の言い回しを駆使して、米国様に奉仕してきた。だが、今日の事態は度が過ぎる。オスプレイが墜落しても「不時着水」とし、事故原因を迫らない。この1週間で起きたオスプレイの2度の緊急着陸の説明も求めない。

 米国は安倍政権だからと、なめきっているのではないのか。日米一体化の度合いは、最終段階に入り、いつでも実戦に飛び出せる一歩手前まできていると。安倍ならば何でも従うと。

 そして何故、嘉手納でやるのか。これを私は考えたい。伊江島は原っぱみたいな場所だ。危険なのは海に落ちる程度。周囲に畑があり人家があることも無視できるのだろう。嘉手納はそうはいかない。市街地が広がり、国道58号をはじめ、周囲に基幹道路が広がり、人家が多く、学校や病院もある。

 いま米軍がやりたいのは、原野の中での潜入訓練ではないようだ。市街地での潜入・突撃訓練ではないのか。だから、嘉手納なのだろう。

 米軍は、沖縄の住民の命や暮らしなんか、しったこっちゃないのだ。其れを追認している安倍政権も同様だ。

 私達は、そんな連中になめられる訳にはいかないのだ。嘉手納町長は、7月10日に行われる米軍の式典に参加しない意向を示している。私たちも地元自治体を応援し、米軍に最低限の約束事項ぐらい守らせよう。

« またまた道交法違反容疑で逮捕されていた(17年6月12日) | トップページ | 世田谷区成城学園前で桜井純子さんにあった(17年6月11日) »

米軍の動向」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/70858263

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍、今夜、パラシュート降下訓練を強行か(17年6月14日):

« またまた道交法違反容疑で逮捕されていた(17年6月12日) | トップページ | 世田谷区成城学園前で桜井純子さんにあった(17年6月11日) »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30