無料ブログはココログ

« アーあ、今日も雨だった!(17年6月19日) | トップページ | この国と沖縄を考える(17年6月20日) »

2017年6月19日 (月)

やれやれだなと思ったが(17年6月19日)

 17日に負った足の硬直、ゆがみは、やっと、ただの筋肉痛程度に和らいできた。これで明日はカメラをもてるだろう。今日などはただただテント内の椅子に座って読書にあけくれていたからな。そういえば、雨の中をアジサシの仲間が飛んでいた。

 志葉玲君がツィターで安倍の記者会見のちょうちん持ち記者が多すぎる、突っ込みを入れるべし(要旨)と書いていたが、全くそのとおり。各社共に政治部が一番の悪。政権の中枢にくっつきながら、取材だなどというから、ろくな記事が書けない。政権の宣伝部はNHKと読売・サンケイだけでたくさんだ。

 彼らは72年前までの戦争犯罪を完全に忘れているのだろうが、私達はここから許しませんと言うしかない。過去の過ちを再び繰返す。今度は米国という尻馬に乗っていれば、負けないぞという浅ましさ。情けなさ過ぎる。

 私達は、政権宣伝部を、正しく「軍事産業」と呼んであげよう。軍隊とは人殺し集団であり、其れを鼓舞する宣伝部。写真家でも絵描きでも文学者でもミュージシャンでも、はっきり言ってあげよう。国家に軍事に加担するな、共謀するな。ごまかすなと。その正体を暴露していこう。特に文化を巡る領域の責任は大きいのだ。

 まだまだ私たちがやれることはある。海兵隊を巡る映画の上映運動をななち家さんが始めたし、私の辺野古・大浦湾の写真ファイルも地方巡業から戻って来たはずだ。もっと多くの人たちが大胆な共謀を図るべきだ。殺すな!と。だから言うまでもなく私はテロには反対だ。間違っては困る。肝心なことは誰が何をしようとしているのかを見極めることだ。

●海兵隊を巡る私の映評 

http://poyamahide.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-6f9b.html

 私たちが無関心でいたら、どんどんモノが言えなくなる。気がつかなければどんどん自分たちの墓穴を掘るだけなのだ。まったく、ちっともやれやれじゃないようだ。

« アーあ、今日も雨だった!(17年6月19日) | トップページ | この国と沖縄を考える(17年6月20日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/70910465

この記事へのトラックバック一覧です: やれやれだなと思ったが(17年6月19日):

« アーあ、今日も雨だった!(17年6月19日) | トップページ | この国と沖縄を考える(17年6月20日) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31