無料ブログはココログ

« 6月1日に逮捕された人は、翌2日、釈放されていました | トップページ | うーむ、また1名、道交法違反で逮捕(17年6月6日) »

2017年6月 5日 (月)

環境省/ジュゴンの保護、優先度高くないと回答?!

 これは今日の沖縄タイムスに出ていた件ですが、環境省はジュゴンの保護の優先度高くないと答えているそうです。いくらなんでもおかしな話。これでは「環境省」の名前が泣いています。こうこたえたのは、野党国会議員らでつくる「沖縄等米軍基地問題議員懇談会」に対する答。

 私がいうまでもなく、ジュゴンは72年5月15日に日本国の天然記念物に指定された。環境省は天然記念物は文化庁の管轄であって、関係ないとでも言うのだろうか。ジュゴンは沖縄のジュゴンは、ジュゴンという種にとって北限地にすんでいるものであって、個体数は極限られてしまっている。ジュゴンは2002年に国連環境計画によって保護策が勧告されている。しかし日本政府、環境省は何の対策も講じてこなかった。生息地域が米軍基地と接しているからだろう。

 これはジュゴンにとって最大の課題であり、沖縄のジュゴンの生死を決することになるだろう。私達はたかが生物の1種に過ぎないものの運命などしらないとか、安保が大事というのだろうか。環境省は何故「ジュゴンの優先度は高くない」と断言するのか、明確に答えるべきだろう。若しも安保優先だからだとしたら、環境省こそが滅びるべきだろう。

 ジュゴン(自然)は人間が誕生したはるか以前に生まれており、其れを人間のエゴで踏み潰すべきではない。ジュゴンは一旦陸から海に回帰した海獣であり、畏敬の念をもつことはあっても、安保・軍事のためならば死滅せよという発想は政治のエゴであり、政治の貧困というべきだろう。

 若しも安保こそが大切なのだというならば、その理由を明言すべきだろう。

 補足:私たちにとって、ジュゴンが大切だという論理は、ジュゴンという種の生存を支えている自然界の重要性であり、人間もその一部に過ぎないということだ。人間だけがえばり腐っている現状が続く限り、生物界は滅び去っていくだろう。つまり、人間も滅びる道に通じているのだ。他方、軍事力には、生物界の、人類の未来を保障することは、できないのだ。そればかりか人類の営みを殺していくという最大の「功績」をもつことになるだろう。

 

« 6月1日に逮捕された人は、翌2日、釈放されていました | トップページ | うーむ、また1名、道交法違反で逮捕(17年6月6日) »

動植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/70774154

この記事へのトラックバック一覧です: 環境省/ジュゴンの保護、優先度高くないと回答?!:

« 6月1日に逮捕された人は、翌2日、釈放されていました | トップページ | うーむ、また1名、道交法違反で逮捕(17年6月6日) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30