無料ブログはココログ

« またまた不当逮捕(17年6月1日) | トップページ | やっと辺野古・大浦湾を巡るファイル完成 »

2017年6月 1日 (木)

今朝、セイタカシギを辺野古川河口で観た、撮った(17年6月1日)

 今朝は出だしが遅れた。バスで現地に向かった。辺野古川河口の遊歩道を歩いていたら、なんとセイタカシギが1羽、目の前の干潟にいるではないか!大慌てでカメラと長ものレンズを出した。撮った。やった!ところが対岸から人が犬の散歩で歩いてくる。あぁ、これは飛んでしまう。しかし運よく飛ばず。暫く観察を続けられた。

 セイタカシギは全長30センチあまり。赤い足と黒のくちばしが長く、胸、腹は白。今日の固体はオス。頭央部から頸の後ろが緑。背中も緑。端麗・優美。美しい野鳥はたくさんいるが、セイタカは最高級に美しい。70年代初頭までは、日本列島では極めて稀な鳥だったが、近年あちこちで観察されており、特に琉球諸島ではさほど珍しくない。

 因みに「絶滅危惧の野鳥事典」(川上洋一著 東京堂出版 08年1月刊)にも取り上げられている絶滅危惧種。その稿を読んだら、なんと「新浜」のことが載っていた。ここは50年前に私たちが保護運動をやって、1000へクタールの内80ヘクタールだけが残された場所。

 日本という国は自然を壊しまくり、今度は再び戦争する国へと舵を切った。情けない国なのだ。

 以下は余談だが、セイタカシギを見ると「貴婦人の如く」なる形容詞が頭に浮かぶ。これは王政の価値観であって、序列を是とする、まるでダメダメ。固定観念を克服した発見の美学を養わなければなるまい。生物というものは生き抜くために進化してきたのであって、私たちの美意識で裁断する話ではない。今日も反省。写真は別途。

 

« またまた不当逮捕(17年6月1日) | トップページ | やっと辺野古・大浦湾を巡るファイル完成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/70736477

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝、セイタカシギを辺野古川河口で観た、撮った(17年6月1日):

« またまた不当逮捕(17年6月1日) | トップページ | やっと辺野古・大浦湾を巡るファイル完成 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31