無料ブログはココログ

« コンクリートプラントはほぼ完成(17年6月25日) | トップページ | 映画と講演の夕べ(うるま) »

2017年7月 7日 (金)

朝のひとこと-災害と原発(17年7月7日)

 九州を襲った台風、ひどいことになっているね。昨夜、食堂でテレビを観て私は知ったのだけど。24時間で、550ミリも雨が降れば、ああなることは理解で来る。まだまだ被害が広がりそうな気配だ。梅雨前線を台風が刺激する今回のような例は時々あるが、自然の破壊力を改めて思い知らされた。

 早く陸の孤島状態を脱出する対策が、そのための調査が重要だ。自治体・消防庁、総務省・消防庁の活躍が期待される。川の上流から下流へと同時にシフトさせた検証が必要だ。町は必ずしも川(尾根と谷)の流れと平行してできていないから、衝突した場所は被害が大きくなる。路盤が流されてはどうにもならない。

 それぞれの集落に、町に、安全度の高い避難所はあるのだろうか。自治体の力が試される。集落の団結が試される。

 自然の猛威は避けられない。だが、自然の猛威の検証と併せて、人災の側面をきちんと検証していかなければならない。これができなければ、災害は常に繰返される。特例だからしょうがないではすまないことだ。このためには、人命救助と同時進行の記録班の住民目線に立った冷静・沈着な活動が不可欠だ。そのときの記録がなければ、後で思い出すのでは、重要なことが抜け落ちてしまいかねない。

 他方で原子力規制委員会の田中俊一委員長がくだらないことを言った。関西電力の高浜原発の立地点で、「小さな原子炉に落とすなら東京のど真ん中に(北朝鮮のミサイルを)落としたらいい」と。きっと福島第一原発の収集がつかないまま、再稼動の動きを進める氏の矛盾が、こうした破壊力を伴なう冗談になったのだろう。原子力の規制など不可能だと自ら認めたようなものじゃないか。

 こんな冗談のような男を規制委員長にしておく安倍政権を私たちが倒すしかないのだ。

« コンクリートプラントはほぼ完成(17年6月25日) | トップページ | 映画と講演の夕べ(うるま) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/71071044

この記事へのトラックバック一覧です: 朝のひとこと-災害と原発(17年7月7日):

« コンクリートプラントはほぼ完成(17年6月25日) | トップページ | 映画と講演の夕べ(うるま) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31