無料ブログはココログ

« ゲート前で私も囲い込まれたの巻(17年7月8日) | トップページ | 沖縄県が国を提訴(17年07月24日午後) »

2017年7月24日 (月)

映画「スノーデン」を見た(17年7月23日)

オリバー・スト-ン監督の映画「スノーデン」を昨日那覇市内にある沖縄大学で見た。米国のNSA(米国家安全保障局)のコンピュータ技術職員だったスノーデンが、どうして変わっていったのか。仕事を通して、米国の利権・覇権の凄まじいまでのグローバルネットワークを知るようになる。地球の裏側からの無人機による殺害・国家テロのバックを支えるコンピュータネットワーク。ターゲットは軍事に限られていない。すべてだ。同盟国はもちろん、米国民も、民間企業も、個々人の通信手段に入り込み、情報を盗撮している。パソコンのカメラを勝手に動かして、他人の着替えやセックスシーンまで覗き見できるのだ。ちょっとした人間関係の溝を知り、上手く操ることもできるのだ。

 この映画を観ると、スノーデンが凄いスーパースターでないことがわかる。何処にでもいそうなお兄ちゃんだ。恋人との関係や上司、同僚との関係もよく描かれている。生身の人間が巨大コンピュータ(世界の電子情報)と格闘させられるわけだから、そこに矛盾が当たり前のように生まれる。彼は、自由な世界を求めたのか。否、自由な自分でありたかったのだろう。自由を自分の大きさで見たからこそ、問題の大きさ深さに気付いたのだろう。

 彼の英国ガーディアン紙とのやりとりのなかで世界に暴露するやりかたや、電子情報の局外への持ち出し方など、興味深く見た。

 スノーデンは何処にでもいそうだと書いたが、優れたコンピュータ頭をもっていたことと、自分の仕事が自分を含む世界に対立していることに気づいた事がここまでの大決断に結びついたのだろう。其れを冷静に他人の助力を得ながら、暴露した能力は半端じゃない。

 しかしこの世界は、私たち凡人の手の届かないところで、まだ蠢いている。今日も地球の裏側から無人機攻撃がなされているのかもしれない。ごくごく一部の連中のために利権が動き、多くの人々には自滅への道が掃き清められていくのだろう。私たちが生き延びるための最低限のことは、命を大切にしながら、自分を失わないことだろう。凡人にはそれしかできないだろう。私はそこに可能性を見たい。ただ、自分とは国家と矛盾をきたす自分達があるか否かが鍵を握っている。沖縄の闘いもそうだと思う。

« ゲート前で私も囲い込まれたの巻(17年7月8日) | トップページ | 沖縄県が国を提訴(17年07月24日午後) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/71225555

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「スノーデン」を見た(17年7月23日):

« ゲート前で私も囲い込まれたの巻(17年7月8日) | トップページ | 沖縄県が国を提訴(17年07月24日午後) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31