無料ブログはココログ

« トンボと貝殻の造形(「今日の1枚」17年7月27日) | トップページ | 高江抗議の男性に有罪判決(執行猶予付き) »

2017年7月28日 (金)

大変だ! 政局は激変に向かうだろう

 昨日、やっと、あの稲田朋美防衛大臣が辞任した。ご本人は何故辞めざるをえなくなったのか、分かっていないだろう。バカだから。この人は弁護士でもあり、右翼なりに、もうちょっと頭の回転が機能するのかと思っていたが、彼女の頭の中の羅針盤は、「安倍友」であることのみではないか。

 南スーダンPKOを巡る「戦闘」か否かの判断や日報問題をどう処理するのかなど、余りにも主観に走った対応をよしとしたことなど、この人は大臣の資質どころか議員の資質にも事欠いている。事実認識を欠くお調子あわせでは、安倍独裁のラクチン閣僚すら務まらなかったのだ。安倍首相の任命責任が問われることは至極当然だ。

 同じ日に民進党の蓮舫代表が突然の辞任。都議選の敗北の責任もあったのだろうが、党内から総スカンだったらしい。結果論だけでいえば、この辞任は泥舟の自民党を支えることになるだろう。もともとこの党は、自民党脱落組と社会党脱落組などの集合体だから、この運営は難しかったのだろう。

 党内事情について私は興味ないが、全国的に野党共闘で纏まる気概は喪失していくだろう。よく言えば、改憲勢力と反改憲勢力がはっきりしていくはずだ。政党再編も加速するだろう。しかし現行の選挙制度が小選挙区比例代表制であり、相対多数が相対少数を駆逐していく制度であり、ここに独裁への罠が待ち受けている。

 最終的に憲法改正の国民投票で決着させるしかないかもしれないが、政治の質はますます劣化していくだろう。さて、どうすればいいのか、難しい。私たちが希望する政治勢力をどう作り出していくのか、改憲の日程が詰まっており、のんびりできないが、原則に立ち返って考え直すしかないだろう。

 「安倍政治を許さない」の中身をどうつくりだし、どうしたら安倍を首相の座から追い落とせるのか。追い落としたところで、次も50歩、100歩。対抗勢力をつくるにしても既存の政党再編や、「野党共闘」では役者不足だ。迅速でなければならないが、簡単でないことも確かなことだ。

 この国は再び戦争ができる国に向いているが、まだ何処に向かうのか分からない。少なくとも沖縄は沖縄の生き方をめざしていくしかないだろう。地域の足元から変えていかない限り、私達は政治を自分の中から切り捨ててしまうことになるだろう。これ以上、独裁政治をのさばらせてはならない。国政の暴走に引きずられない自治の力は、沖縄だけの課題でないはずだ。

 引き続き野党共闘を目指そうとの動きもあるだろうが、常にどこでも足元に自治を見定めたい。政局に飲まれて、アップアップしたり、自暴自棄になることを確実に避けられる冷静な判断力が求められているはずだ。

« トンボと貝殻の造形(「今日の1枚」17年7月27日) | トップページ | 高江抗議の男性に有罪判決(執行猶予付き) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/71267006

この記事へのトラックバック一覧です: 大変だ! 政局は激変に向かうだろう:

« トンボと貝殻の造形(「今日の1枚」17年7月27日) | トップページ | 高江抗議の男性に有罪判決(執行猶予付き) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31