無料ブログはココログ

« 暑さでふらつきながらでも(17年8月2日) | トップページ | 夏休みに花と蝶を撮る(17年7月30日) »

2017年8月 3日 (木)

それにしても、ダナ(17年8月2日)

 これは沖縄の問題ではないが、沖縄の問題でもある。

 今朝の沖縄タイムスに、こんな記事が。北海道選出の鈴木貴子衆議院議員が、自身の妊娠をブログで報告したところ、激励に混ざり、「いったん辞職すべき」とか「だから女性議員は」「任期中の妊娠はいかがなものか」、はては「職務放棄じゃないか」などの批判が飛びだしているらしい。

 比較的若い女性は議員になるな、なのか。資格がないのか。

 私は、女性が政治や経済の中枢の過半を占めればまともになるとは、必ずしも思っていないが、こうした妊娠アウトの発想はおかしすぎないか。確かに半年余り議会に出席できないかもしれない。しかし、一般の職場だって、産休・育児休業等はあたりまえだ。保育園の整備も立派な政治課題になっている。

 議員は特別なのか。何が特別なのか? いいや、子どもを産み育てることが社会的に保障され、出産・子育てを含む政治的な発言を可能としなければ、いつまでたっても、女性は二の次にされていく。子どもが生まれなければ、その社会は朽ちていくことは、誰が見ても予見できるだろうに。このまま女性に出産・子育ての責任の多くを押し付け続けていくのだろうか。

 現状の女性政治家をみてみれば、禄でもないのが多いことは否めない。だが、日本の国会議員の1割しか女性議員がいない現状(193カ国中163位)では、お金のあるどうしょうもないのが、多いのも無理からぬ。ひとまず、3割、4割に増えていけば、大きく変わるかもしれない。

 金儲けに繋がることが政治という常識を覆していくためには、女性の議会進出は不可欠だろう。

 この問題は沖縄の県議会や市町村議会の構成比をみても、女性の比率は余りにも低い。沖縄の男権主義の岩盤はまだまだ強固だから。

 

« 暑さでふらつきながらでも(17年8月2日) | トップページ | 夏休みに花と蝶を撮る(17年7月30日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/71319144

この記事へのトラックバック一覧です: それにしても、ダナ(17年8月2日):

« 暑さでふらつきながらでも(17年8月2日) | トップページ | 夏休みに花と蝶を撮る(17年7月30日) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31