無料ブログはココログ

« 今だから問う 日本のメデイアと「慰安婦」問題-東京 | トップページ | オスプレイ、今度はオーストラリアで墜落事故(17年8月5日) »

2017年8月 5日 (土)

ダンスユニット キニナルキの 「ちゃーぱしりー」を観た

 今回のダンスユニット キニナルキの公演は、昨年3月に沖縄に初めて来た大前裕太郎君と椎野純さんが温めて来た公演。どんなことになっているのか。

 「ちゃーぱしりー」とは脇目も振らずに走る様子をさす。全速で走る人たち。それにしても、なんダー、これは?というかんじ。全力パフォーマンスに圧倒される。静寂なときに変わり、顔と後頭部につけた仮面が交錯して行く。

 いつのまにか、ぼくの声は掻き消されていく。自分というものを取り戻そうともがく。そこに座ってくれたあなたが居るから、私は今日を灯(いきる)れている。

 この辺をダンス表現なので、門外漢の私にはなかなか分からなかったが、数名の腕が次々と重なっていく場面など、ダンスならではの表現があった。

 集団(11名)のダンスの慌しい動きを、見慣れない私には、何処をどう追えばいいのか状態。1時間余り息切れすることのないメンバーの体力。体とからだが、文字通り交錯したり、交錯しそうになったり。失礼ながら、よくもぶつからない。

 これほど敏捷にできれば、私たちも何ほどかのことができるのかもしれない。が、如何せん、年をとりすぎているが。

 最後の「かりー!」とは、乾杯!のこと。いやはや現実は厳しいが、諦めずに走り続けるしかあるまい。切れ味の鋭いからだの動きに、私はただただ脱帽しておりました(写真も切れ味だけどな)。

 公演後に大前君が語った。「明日の公演ではまた別のダンスになっていると思います。これから新ためていきます」(要旨)と。

 帰り際に、観客で来ていたある男性が私に語りかけてきた。「辺野古でお話を聞きました。横井久美子さんのツァーで行きました」と。覚えてくれて居た人が居る。小さな出会いが、またあらたな出会いをつくっていく。キニナルキの試みもその一歩を刻んでいくだろう。

 彼らの努力に、かりー!

 でも、お客様が少なかった。いくらお金のためじゃないといったところで、大赤字にさせてはならないな。

出演:津田ゆず香、畔上玄太、上田実祐那、菊池秀樹、高田真理子、中村悠希、佐久間健太郎、中村理、横田安規、椎野純、大前裕太郎

オープニング作品「変わらない空」 出演:キニナルキ、大前雅信、高橋由紀子

明日の公演:8月6日13時開演 名護市民会館中ホール 前売り1500円。当日券有。小学生以下 1000円。

 

 

« 今だから問う 日本のメデイアと「慰安婦」問題-東京 | トップページ | オスプレイ、今度はオーストラリアで墜落事故(17年8月5日) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/71342503

この記事へのトラックバック一覧です: ダンスユニット キニナルキの 「ちゃーぱしりー」を観た:

« 今だから問う 日本のメデイアと「慰安婦」問題-東京 | トップページ | オスプレイ、今度はオーストラリアで墜落事故(17年8月5日) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31