無料ブログはココログ

« 宮古島から帰ってきました(17年8月1日) | トップページ | 暑さの中での分析力と、冷静さ(17年8月1日) »

2017年8月 1日 (火)

ちょっと嬉しい話―有明漁協オスプレイ反対!

 政府防衛省は、陸上自衛隊のオスプレイの第一陣を佐賀空港に配備する計画だ。これに佐賀市も佐賀県も了解してしまった。しかし海域の漁協である有明漁協は7月31日これを拒否。県の説得を跳ね返す形での結論であり、頼もしい。

 この背景には、国営諫早湾干拓事業で、諫早湾が汚染され、漁業不振を招いたことが大きいようだ。そこにオスプレイが事故ったら、攻撃されたら、元も子もなくなる。国策に対する自律的な判断が下せる漁協の出現に、私たちも見習いたいものだ。

 陸自のオスプレイの配備は、これが第一弾であり、今後はまだ公表されていないが、私は第二段、3段があると予想している。オスプレイの配備も対中包囲網といわれているが、こうなった場合、正面に立つのは、日本国であり、自衛隊だ。米国ではない。こうした覚悟を持って、政府関係者や各県や市町村は漁協への説得に当たっているのか。オスプレイの背後に硝煙が広がることを想起しているのか?!

 またオスプレイなど張子の虎に過ぎないのであれば、もう少しきちんとした外交関係を気づくのが先だろう。無駄金をどぶに捨てさせてはならない。

 日本国は、軍事にではなくて、農漁業にこそ心血を注ぐべきだろう。こうした常識を早く実現していきたいものだ。

« 宮古島から帰ってきました(17年8月1日) | トップページ | 暑さの中での分析力と、冷静さ(17年8月1日) »

地域自治・住民自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/71304921

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと嬉しい話―有明漁協オスプレイ反対!:

« 宮古島から帰ってきました(17年8月1日) | トップページ | 暑さの中での分析力と、冷静さ(17年8月1日) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31