無料ブログはココログ

« 年の瀬の中で、考えていること(171230) | トップページ | 大掃除、第一段が終わり(171230) »

2017年12月30日 (土)

米軍基地被害から子どもを守る市民大会(宜野湾市)報告

 2017年12月29日正午過ぎ、私たちは辺野古から宜野湾市役所に向かった。

 市役所の中の駐車場に入ろうとすると、丁度、あのCH-53大型ヘリが飛び上がる姿が見えた。13時20分頃だろう。
Imgp9666_800x532
13時25分。今度はAH-1攻撃ヘリだ。ここ宜野湾市役所は普天間基地の東に位置し、滑走路の北東端にほど近い。
Imgp9668_800x532
13時34分。さらにもう一度通過。
私達は、会場はどこかと戸惑っていると、敷地の外のようだ。移動する。
Imgp5237_800x532
市役所前。誰かがヘリの窓枠の模型と保育園に落ちたローター主軸部部品の実物大の模型(右下)を作ってきた。さすが。13時58分。
14時予定通り集会が始まった。司会から呼びかけ6団体に賛同が43団体となり49団体の実行委員会になったと報告された。
Imgp9680_800x532
冒頭に大会実行委員長の仲西春雅県PTA連合会会長が立った。緊張した面持ちで、緑ヶ丘保育園に落ちてわずか1週間後の普天間第2小の校庭に窓枠が落下した。市民が納得できる説明もないままに、その6日後に同型機が飛行を再開した。子どもの命をなんだと思っているのか、と怒りがこみ上げていた。身近な問題だと今さらながら気づかされた、と。
 今大会の意義は、改めて当事者が主体になって声をあげたことだ。この一点が極めて大きなことではないか。
Imgp9683_800x532
わざとかと思わせるようなタイミングで離陸したCH-53E。14時5分。この前部に着いている窓枠が落ちたのだ。
Imgp9691_800x532
島袋純教授が普天間基地を解説。沖縄戦で私たちの土地を取り上げて造られたものであり、存在そのものが人権侵害なのだ、と強烈な痛打を浴びせた。この基地から飛行機を飛ばすことじたいが教育を受ける権利を侵害しており、抗議の声をあげなければ、私たちの尊厳を放棄することに等しいと。米軍の「人的ミス」という言い逃れを断罪し、構造的差別を糾弾。人権を守るために主権が存在し、政府があるはずだが、政府のあるべき姿を求めていこうと、きっぱりと。
Imgp9697_800x532
こんな看板も。右手前は辺野古から駆けつけた島袋文子さん。
Imgp9698_800x532
今度はオスプレイが飛ぶ。14時13分。
Imgp9700_800x532
緑ヶ丘保育園の神谷武宏園長と保護者の皆さん。
Imgp9711_800x532
園長の発言を一字一句聞き漏らすまいと真剣だ。
Imgp9716_532x800
米軍は落下物を米軍ヘリのものと認めながら、落としていないというが、だとすれば、これは「事件」だ、と。米軍機が子どもたちの上を飛び交う現状は余りにも命の軽視になっている。子どもたちの命を守り、平和な空の下で自由にのびのびと遊べ、暮らせる空にするため、一緒に声をあげていこうと、力強かった。
Imgp5250_800x532
Imgp9720_800x532
Imgp9724_800x532
緑ヶ丘保育園父母会副会長の知念有希子さん。私たちはただ、子どもたちに大好きな園庭で何も心配せずに遊ばせたいだけだ、と。当たり前すぎることを口にせざるを得ない現実をどう変えていけるのか。保育園上空の飛行禁止を求め、子どもたちに堂々と「もう大丈夫だよ、空からは雨しか降ってこないよ」言えるように行動していくと。
Imgp9732_532x800
普天間第2小の保護者のひとりの呉屋辰巳さん。自身が卒業生であり、卒後30年経っても変わらない現実に、毎日不安を抱えてきたと。子どもたちが安心し過ごせる環境を強く望むと。普天間基地閉鎖にも言及した。
Imgp9742_800x532  
普天間爆音訴訟団で宜野湾市議の桃原功さん。裁判は米軍を「第3者」扱いしスルーしているが、米軍こそ当事者だ。われわれの土地が取られて普天間基地ができたのであり、おかしいことにはおかしいと、声をげようと。
Imgp5260_800x532
今日参加していた国会議員も、聞き役で、一参加者だった。
発言は、学校現場から嘉手苅直さん、沖縄婦人連合会会長の平良菊さんと続き、最後に決議文が拍手で確認された(別項、参照)。
Imgp5271_800x532
決議文に拍手で応えた参加者たち。子ども連れも多く、皆、真剣だった。
〇何故こんな当たり前のことを叫び、要求しなければならないのか、何故涙を流さなければならないのか、余りの理不尽さに怒りを新たにした集会だった。(ヤマヒデ)

« 年の瀬の中で、考えていること(171230) | トップページ | 大掃除、第一段が終わり(171230) »

事件・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米軍基地被害から子どもを守る市民大会(宜野湾市)報告:

« 年の瀬の中で、考えていること(171230) | トップページ | 大掃除、第一段が終わり(171230) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31