無料ブログはココログ

« 不時着ヘリ等、昨日から訓練強行だそうで(180110) | トップページ | 工事全面再開だが、k4に入っていないことは確実(180110) »

2018年1月10日 (水)

沖縄に暮らして5年目に入っていますが、何か変わったことは?

 昨年の10月の東京での報告会の際、主催者の一人から「沖縄に暮らして何か変わったことはありますか?」と聞かれて、面食らった。一言で言えと言われても、うまく返せなかった(既報)。

 今日は宜野湾まで出かけたおり、「嘉数」(かかず)のバス停でバス待ちしている間に、この問いが思い返された。やはり一言では無理だが、幾つかのことが頭に浮かんだ。
①旅で沖縄に来ているときは、沖縄は「非日常の世界」だ。沖縄の誰かとの出会い・付き合いの中で感じるものがあるのだが、住めば、これが「日常の世界」だ。誰かとのこともあるが、自分が自分で直接感じることが多くなる。
②だからこそ、最近のように事故や事故モドキが続けば、いやでも、わじわじー感が強くなる。緑ヶ丘保育園の園長は知人だし、ある友人の息子があそこに通っていると聞いたら、そりゃ、ぐっときますよ。
③ベース・ウォチングで一番ショックだったことは、軍隊は沖縄の人々の暮らしの場を、実戦に見立てて、訓練しているということを肌身で感じたことだ。おそろしやー!これは、良く見ていたら、日常茶飯事。慣れっこになっていたら、自覚できないが。
④もうひとつ、彼らの演習をあちこちでみていると、点ではなく、線・面と繋がっているので、それらを繋ぎ合わせて、やっていることを見て、考えるようになった。これは沖縄島だけの話ではなく、宮古や八重山、日本全体なども全部繋がっているのだ。いやいやハワイ・米国・世界に繋がっているのだから、恐ろしい。だからこそ私達は、沖縄からアジアに繋がることが重要なのだ。米国が引く分断線を越えることが重要だ。
 文化的なこともあるが、これはまた改めて考えたい。

« 不時着ヘリ等、昨日から訓練強行だそうで(180110) | トップページ | 工事全面再開だが、k4に入っていないことは確実(180110) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 kさん。こちらこそありがとうございます。私が沖縄で頑張っていられるのは、沖縄の人たちの支えがあり、また東京時代の皆様の支えがあるからです。
 何をどうしたらいいのか、悩みながら今日まで来ましたが、まだまだわからないことだらけ。そんなに何もかも分かったらおもしろくない。分からないからこそ 発見もあれば、たのしみを後に取っておくことができます。
 しかしこんなに新基地建設問題にあけくれるとは、ウンザリ。いやうんざりしている場合でないので、私なりのやりかたで、今年から追求して行きます。お楽しみに。

沖縄在住5年目になりましたか。お疲れさまです。そしてありがとう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/72660943

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄に暮らして5年目に入っていますが、何か変わったことは?:

« 不時着ヘリ等、昨日から訓練強行だそうで(180110) | トップページ | 工事全面再開だが、k4に入っていないことは確実(180110) »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30