無料ブログはココログ

« 正義平和賞授賞式(180122夕方) | トップページ | 広島から帰ってきました(180129) »

2018年1月25日 (木)

熱気溢れた名護市長選稲嶺ススム総決起大会(180123)

 18年1月23日、18時、21世紀の森屋内体育館は人が一杯だった。私は疲れきっていたが、疲れを吹き飛ばす熱気。

Imgp0649_800x532
ススムさん登場。18:34 一気に盛り上がる
Imgp0660_800x532
ススムさん登壇。歓声に包まれながら応える。
Imgp0670_800x532
稲嶺ススム後援会長渡具知武明さんが初めの挨拶。安倍政権が相手の選挙だと、檄を飛ばした。
Imgp0691_800x532
玉城デニー衆議院議員があいさつ。名護市の財政の健全度は抜群だと。収入、基金(貯金)と借金のバランス。
Imgp0702_800x532
金秀グループ会長呉屋守将さんのメッセージを名代が読み上げた。
Imgp0715_800x532
 
翁長雄志沖縄県知事が発言に立つ。米軍基地は沖縄経済の最大の阻害要因だと申し上げてきた。那覇の新都心などを見てと。美しい大浦湾を埋立てて新基地を造るなどとんでもない。これからの県の発展は、名護市でありやんばるだと強調し、稲嶺市長と協力して取組んでいくと。
そして
Imgp6483_800x532
サバニの帆が上がる。19:06
Imgp0760_800x532
櫂で漕ぎながら。
Imgp0771_532x800
Imgp0778_800x532
挨拶に立つ。冒頭、相手候補の動向を批判。事実にもとることを述べ、各団体から議論の場に招聘されても、「忙しい」と拒否していると。正々堂々と議論しないのか、できないのかと。
自分がやってきた8年間は、子どもたちのことを基本に据えてきたし、そこから街づくりを考えてきた。公約の殆どを実現したが、ただひとつやれていないのが、基地建設をとめることだ。これを次期で必ずなしとげたい。この選挙は、名護市対日本政府だと、きっぱり。
Imgp0806_800x532
挨拶の中で忘れてましたと、おつれあいの律子さんを紹介。
Imgp0810_800x532
先日南城市長に当選したばかりの瑞慶覧長敏さん。満面の笑顔で登壇。自分は①憲法を守る、②「建白書」を実現する、③政策は市民の要求を聞いて決める、を掲げた。自分の選挙戦の勝利を名護に繋げたいと思っていたと。
Imgp0848_800x532
後援会青年部の小波津君。発言の冒頭に、両候補の資料を見比べたら一目両全だと。ススムさんのは具体的で、わかりやすいと。そして交付金につられている相手候補は、本音を隠している。新基地建設をとめることなくして、沖縄の、若者の自立の将来はないと、きっぱり。
Imgp0873_800x532
所謂アジテーションではない。語り掛けなのだが、言葉に心が宿っているのだ。感動的だった。
Imgp0893_800x532
そして登場したのが安次富浩さん。23日午前中に記者会見して市議補選に立候補表明したばかりだ。
この20年を振り返りながら、稲嶺市長と共に力を合わせて新基地建設を止めると。安倍政権との闘いだから、必ず勝たなければならないと。切迫感があった。
Imgp0926_800x532
22日にヘリ基地反対協議会が受賞したチ・ハクスン正義平和賞のメダルと楯を紹介。国際的な支援を得ている闘いになってきたと。力強かった。
Imgp0942_800x532
ススムさんと握手。決意を固めあう。
Imgp0953_800x532
後援会女性部の翁長久美子さん(名護市議)。勝ちましょうと。
ススムさんを応援する県議、市議団も紹介された。
Imgp0995_800x532
後援会事務局長の屋比久稔さんが具体的な集票行動のお願い。
Imgp1006_800x532
最後は団結ガンバ-!
この熱気を街頭に職場に、地域に浸透させ、必ずや稲嶺ススムの勝利を!

« 正義平和賞授賞式(180122夕方) | トップページ | 広島から帰ってきました(180129) »

私たちの政治に向かう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱気溢れた名護市長選稲嶺ススム総決起大会(180123):

« 正義平和賞授賞式(180122夕方) | トップページ | 広島から帰ってきました(180129) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31