無料ブログはココログ

« 18年3月12日、国頭で不当弾圧で1名が逮捕されていた | トップページ | 「隣人」・「5年前から」 »

2018年3月14日 (水)

GBによる暴力の続報(180312の件)

 既報の通り、18年3月12日、10時頃、K2護岸付近で、海上保安庁のGBの「06」がCさんのカヌーに正面衝突してきた。このため彼は意識が混濁し、即、沖縄県立北部病院に診察をうけた。頚椎捻挫と脳震盪とのことで、1週間の療養を要すとのことだった。翌13日も体調思わしくないとのことで、通院。視力への影響も出ているようであり、十分な安静治療が必要だ。

 なお加害行為を行なったGB「06」の乗員は、現場から逃げたが、当日現場で顔写真を撮影したものが残されている。また、本人も衝突した映像を撮っているようだ。厳重な抗議行動を行うことになるだろう。

« 18年3月12日、国頭で不当弾圧で1名が逮捕されていた | トップページ | 「隣人」・「5年前から」 »

弾圧に抗するために」カテゴリの記事

コメント

海上での安全は大型船が小型船を守るが原則です。この場合は無論、海保のGBがカヌーをです。海上保安庁は日米政府による基地建設のガードマンと化しています。カヌーよる抗議行動を規制するにしても、もろに突っ込んだらどうなるかぐらい海上保安官は分かっているはずです。

 彼の容態はCTスキャンなどに異常が出ていないとのことですが、依然として視力の低下により、普段の生活ができていません。後遺症の心配もあります。治療費は個人負担にしていません。この点はご安心を。
 今後公式に海上保安庁に対して、抗議声明を出し、国家賠償請求なども行うことを検討すべきでしょう。治療費等を加害者である海保が持つべきなのは当然です。
 抗議声明等が出れば、あらためて本文で報告します。

海上保安庁は、何というひどいことをするのでしょう。

新聞で大きく報道されるべきです。

東京や大阪等の大きな都市で報道されないからといって、海上保安庁はコソコソとひどい事をしているように見えます。

Cさんの治療費はどうなっているのでしょう。海上保安庁が出すべきです。慰謝料も払うべきです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2471071/73101688

この記事へのトラックバック一覧です: GBによる暴力の続報(180312の件):

« 18年3月12日、国頭で不当弾圧で1名が逮捕されていた | トップページ | 「隣人」・「5年前から」 »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30