無料ブログはココログ

宮古島・伊良部島・下地島

2017年9月15日 (金)

宮古島も美ら島だな(17年9月10日) 

2017年9月10日 今回の旅のラストデー。今日はレンタカーを借りているFさんの運転で、私が宮古島をガイドってことに。私はすっかり観光気分。

 まず向かったのは伊良部島、下地島。伊良部大橋でゴー! 
 最も経路的に最初の場所はここだ。
Imgp2393_800x532
長山港。16年11月に行った時はまだ工事中だった。海保の基地ができていた。巡視船3隻。8時58分。
Imgp2397_800x532
下地島空港。南北に3000m。今は使われていない。パイロット訓練のために使われてきた県営空港だが、日本航空も全日空も使わなくなった。ここを虎視眈々と狙っているのが、航空自衛隊。ただし戦場に近すぎるのが難点。単純に空自が使うことはないかもしれない。もっと深い読みが必要だろう。下地島は対空ミサイルなどの発射サイトにはなりうる。
Imgp0001_800x532
空港を1週する。途中で立ち寄った通り池。池2個。 下地島の西サイド。9時33分。
Imgp0004_800x532
伊良部島に戻る。10時3分。
Imgp0006_800x532
伊良部島北端の白鳥岬。ダイビング船。10時17分。いつも私が不思議の思っているのは、ここで「白鳥」って何? クロサギの白色系か、アジサシ類か。誰か教えて。
Imgp0009_800x532
伊良部大橋の真ん中で。前方が伊良部島。10時40分。
ここから野原・千代田を案内して、観光カーは次に行く。
城辺(ぐすくべ)を経て、オーシャンリンクスゴルフ場を垣間見て、島の最東端。
Imgp2407_800x532_2
ここも観光地。東平安名崎(あがりへんなざき)灯台。11時40分。
Imgp0014_800x532
細い岬の南北が海に。こちらは北側。11時43分。
Imgp0024_800x532
こちらは北東。正に美しい。11時51分。言葉を失う海です。
途中、野原付近で昼食。宮古のゆしどうふそば。
そして北へ。池間島へ。
Imgp0035_800x532
池間大橋を渡るとこうだ。むこうに見えるのは大神島。13時52分。
Imgp0039_800x532
池間大橋を見る。13時57分。
宮古島の観光地に行ったことのない私でしたが、クルマは速い。しかし撮影モードにはならないな。適当撮りに終始。
運転していただいたFさんに感謝。この後、予定通り15時からの集会に間に合いました。
初めて宮古島を案内したよ。Fさんからも喜んでいただけました。

2017年9月14日 (木)

日本軍「慰安婦」祈念碑建立9周年イベント(宮古島)を取材

今回の宮古行きの本題はこれ。9回目だそうだが、私は初参加。先の写真展の総括でもある歴史的に学ぶことの重要性から。

17年9月9日野原基地の脇から祈念碑まで。16時50分着。開会時間に間にあった。会場に来たのは3回目だと思うが、自信なかったが。
Imgp2303_800x532
始まった。17時4分。司会は日本軍「慰安婦」問題を考える宮古の会の代表のKさん。参加者は20名余り。
Imgp9965_800x532    
宮古教会の牧師さん。花は追悼のために関係者が植えてきた。せめて、私たちは彼女達を美しい環境を保ちながら、記憶し詫びなければなるまい。
Imgp2318_800x532
当事、少年だった与那覇博敏さんは、ここで洗濯をしていた彼女達を見ていたという。まだ何が行なわれていたのか知る由もない年齢だった彼は、この72年を思えば、慙愧に耐えないだろう。彼がこの土地を提供し祈念碑ができた。
Imgp9970_800x532
中原道子さんと対面になり、当事のことと、建立の際にお世話になったことを話していた。
Imgp2330_800x532
「戦争と女性への暴力」リサーチアクションセンターの共同代表の中原道子さん。建立の経緯に当事の院生ホン・ユンシンさんが宮古島の「慰安婦」のことを知り、動き始めたことがある。自分はもっぱら金銭を集めたと。先の与那覇さんほかの地元の協力者らとの共同作業が実を結んだのだ。また朝鮮人「慰安婦」ばかりか、日本軍がアジア全域に作った慰安所に集められた11カ国の人々の言葉と、ベトナム戦争下の韓国軍のベトナム女性に対する加害を含めて12ヶ国語で書かれた祈念碑になったことにも言及。きっと各国の人たちがここを訪れるだろうと。
Imgp9975_800x532
9年経って、植樹した木が大きくなってきた。
Imgp2362_800x532
渡嘉敷の元「慰安婦」を20年前に、励ましたいと動き回った、という。地道だけど、確実に絆を創り出す試みもなされてきたのだ。
Imgp2371_800x532
当事を知る地元の元少年。思いは深い。
Imgp2386_800x532
今日のまとめを、過去の問題と今進行中の自衛隊の進駐との関連を話した清水早子さん。同会事務局。10月の市議選にも取組もうと。
Imgp9987_800x532
最後に「アリラン」を参加者全員で歌い、女性たちを追悼。この記憶を忘れまい。
来年は10周年。もっと大々的にやりたいとの声が出されていた。
Imgp9989_800x532
17時終了。丁度雨が降ってきた。

2017年9月13日 (水)

無欲で見る宮古島の動物達(17年9月9日)

17年9月9日もノンビリ歩いた。

Imgp2245_800x532
13時12分 ? 。
畑から飛び出した。少数だが群れで居た。時々見かけるのだが。誰か教えてください。
山下に向かう手前で馬の牧場が。ミヤコウマ。はじめて見た! 14時51分。
この道は何度か歩いているのだが。
実はだな。最初に見たとき、オスが勃起していた。終わったばかりだったのだろう。
Imgp2261_800x532
伸びやかに走る母と子。
Imgp9952_800x532
じゃれあう2頭。
Imgp2266_800x532
Imgp2275_800x532
父も加わり。
Imgp2278_532x800
ウマは可愛い。
そして野原(のばる)に。
Imgp2286_800x532
目の前の暗がりにカラスバト。でかい。16時36分。
Imgp2291_800x532
無論、咄嗟に露出を+補正。
Imgp2295_800x532
無欲の勝利だ。16時37分。近くでキンバトも啼いていた。
今日の本題の会場に間にあうのか。急げ!

物静かに宮古島を歩く(17年9月9日)

2017年9月9日 晴れ。

多良間島で足を痛めた。靴のせいだ。だから今日もだらだらと。
Imgp9931_800x532
サトウキビ畑 油断していると散水の水をくらう。ここのは調整が万全で、殆ど道路側にでないようになっていた。中には直撃をくらいかねないので、要注意。8時30分。
Imgp2222_800x532
私は、一路、川満へ。沖合いの船(左側)は多良間島へ。右の貨物船は石垣島に向かうのだろうか? 9時35分。
Imgp2227_800x532
ボーイング737.離陸。10時37分。
Imgp9944_800x532
この場で90分粘った。サトウキビの上を飛ぶ民間機を狙ったが、不発。標準レンズと望遠レンズを持ち替えてやってみたが、失敗。11時28分。
川満から山下へ。
Imgp2235_800x532
オオジョロウグモ。バッドタイミングに電話がかかる。ちょっと外した。12時27分。
Imgp2236_800x532
野原のレーダードームが見えてきた。12時34分。
Imgp9949_800x532
途中で埋設工事。下地島空港株が受けている。水道管の埋設だと。これは千代田の陸自予定地に延びているのかもしれない。今回未確認。
Imgp2279_800x532
野原の第53警戒隊のレーダー。15時36分。今日の目的地まであと少しなのだが。
(別項に続く)

宮古島に近づくと意外な光景にびっくり(17年9月8日午後)

14時スタート。波静か。そのせいか、カツオドリを見なかった。残念。

Imgp2209_800x532
15時8分。丁度中間点。「たらまゆう」から。
伊良部島が見えてきて、宮古島も見えてきた。
Imgp2213_800x532
伊良部大橋も見えて、ナニが見えた。15時50分。野原のレーダー基地のドーム。見えるんだ。
Imgp2214_800x532
ここまでくると軍事レーダーと宮古飛行場の気象レーダーがダブルで見える。15時54分。
沖合いから見ると平良港、平良の街、宮古空港、第53警戒隊が1直線で並んでいるのか。こんなでどうして住民を守るのか? 戦争になれば、敵・味方のターゲットの間に住民が暮らしているのだぞ。
海の上からの新発見でした。
Imgp2218_800x532
16時10分。平良港に入港。

多良間島 続き (17年9月8日)

まだ多良間島の続き。

Imgp9914_800x532
この奥に海神があるのだろう。10時20分。
Imgp9911_800x532
風が通り涼しい。海まで50mぐらいある。サシバがきていた。
Imgp9907_800x532_2
ここが海辺。海神様はこの右側にある。
時間がなくなる。のんびりしすぎ。普天間港まで行けず。
途中から内側に入り、集落に戻る。
Imgp9918_532x800
サトウキビの植え付け作業。ご夫婦でやっておられた。こうやるんだ。11時。
何とか宿に戻りザックを取って港へ。
Imgp9928_800x532
またこれで帰路に。帰りは揺れなかった。14時発。
多良間島の人口は約1100名。
また、行きたい島が増えてしまった。

多良間島の魅力(17年9月8日)

2017年9月8日 晴れ 2日目の多良間島。だらけてサンライズを撮らず。部屋から見えた。

8時過ぎに宿を出る。今日もぶらぶら歩き。集落の中で若者から声がかかる。「昨夜の月を撮ったか」と。「海に出る月はきれいだったぞ」と。
 
 失礼しました。私はこの島の汀を歩いて、魅了され、月光に輝く情景を考えていなかった。残念。でも彼のこの島に生きる自慢を聞けて、納得。自然と生きる姿はまぶしいばかり。羨ましかった。
Imgp9873_800x532
集落を北に抜けると非核宣言の碑が。もはや殆ど読めなくなっている。美ら島が核に汚染されたら。核実験場にされたロンゲラップなどのことを思う。大国の傲慢さを許してはならない。沖縄島も核基地だったのだ。
Imgp2115_800x532
港に出た。大米建設が台船で運んできた土砂をトラックに積んでいる。何の工事だろう。
Imgp9875_800x532
フクギの実。まだ黄色くなっていない。無論黄色の実は多数落ちている。
Imgp9877_800x532_2
左側が海。防潮林が立派。フクギもある。涼しい風が通る。嬉しい。
今日は時計回りで歩いています。
Imgp9893_800x532
林を抜けると海だ。9時44分。
砂浜にカニ。
Imgp2121_800x532
スナガニ。小さい。すばしっこい。
Imgp2133_800x532
辺野古で見るツノメガニと同属。走り方は似ているのだが、ちと違う。時々、急に立ち止まり、膝を付き、頭を砂につけるかのポーズ。不思議。
Imgp2173_800x532
Imgp2180_800x532
こういう写真を撮るときは、脅かさないこと。無闇に近づかない。下手すると自分の足型を砂浜につけてしまうから、砂地に入らない。2大鉄則。
Imgp2185_800x532
麗しの蝶。
さて次へ。

2017年9月12日 (火)

ズアカアオバトに感涙(17年9月7日夕刻)

島の内側を集落に向けて歩く。

ところがまた私を止めた奴が居た。
Imgp9840_800x532
5.6m先にズアカアオバト。17時22分。
Imgp9852_800x532
私に気づいたのか体を入れ替えている。17時23分。葉が邪魔に。
Imgp2091_800x532
私が左に少し動く。17時32分。
Imgp2100_800x532
こっちをふりむいてくれる。17時33分。
Imgp2106_800x532
完全にこっちをむいた。君はモデルか!17時33分。
Imgp2113_800x532
飛んだ!17時34分。大きなハトなので迫力あるな。
今日はいうことなしだ。
Imgp9860_800x532
17時43分。サトウキビが影を造ってくれている。被写体には光が。
Imgp2114_800x532
上空を飛ぶ民間機。石垣島に飛ぶのだろう。18時6分。
Imgp9869_800x532
周囲はサトウキビ畑。赤土の部分は今年植え付け。人家が近い。18時17分。
夕食の時間が迫っている。急げ。

多良間飛行場へ(17年9月7日)

いちいち海に出ていたら前に進めない。今日は、歩くのが目的じゃないからいいようなものだが、やはりチェックはしないと。

Imgp9831_800x532
飛行場まであと少し。日陰で休む。車が通らない。通ってもゆっくり。20kmぐらいか。
轢かれることはありそうにない。だが、自分が調子に乗って、車道で撮りまくっては迷惑であり、危険。自戒せよ。
飛行場だ。16時。なにやらお客さんが多い。丁度発着の時間だったようだ。
Imgp9833_800x532
どうですか、赤がわらと飛行機。
飛行場は島の西の端。滑走路の長さ1800mほど。嫌な話だが、c-130とかなら離着陸できる。
辺野古の新基地建設計画とほぼ同じ長さ。
Imgp2087_800x532
飛んだ。16時45分。初めての飛行場なので、どこで撮ったらいいか、思案。風向き、機種をみて、撮影ポイントを探す。間に合った。
Imgp9836_800x532
歩道に咲くハマゴウ。17時。
では宿に向けて帰るぞ。

海が美しすぎて(17年9月7日-多良間島)

2017年9月7日 晴れ 暑いけど、なんとなく涼しさがある多良間島。八重山遠見から外周道路へ。時計と反対周りで歩く。

Imgp9810_800x532
八重山遠見の展望台から。海がきれい。12時34分。
海に出られそうな場所から海へ。
Imgp9823_800x532
丁度干潮。思わず声が出る。感動の声が。ぐっと押さえて一枚、2枚。13時12分。
Imgp9820_800x532
白いサンゴ礁の砂。文句なしにきれい!
だが動物が見えない。どこだ?
Imgp2040_800x532
遠景はこんな。13時12分。これで私も多良間島の虜に。
感動の余り、体が動かない。
Imgp2041_800x532
少し場所を移動。13時40分。中に入る。
Imgp9825_800x532
こうだ。ここには魚も貝もいる。
Imgp9827_800x532
海草がたくさん。13時57分。
Imgp2049_800x532
熱帯魚。3センチぐらい。
Imgp2065_800x532
こちらは貝の仲間。水の中ですよ。
Imgp2078_800x532
風と潮の動きが出てきたようだ。ゆれている。
こんなことしてたら空港にたどり着けない。美しすぎる。

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31