無料ブログはココログ

集会案内(沖縄)

2017年5月24日 (水)

島嶼の生態系を守るために(17年5月27日 那覇)

来る5月27日はあちこちで忙しい。私は東京に行っているのだが(どこに参加するか未定)、沖縄の那覇では以下の企画もある。

島嶼の生態系を守るために 13時30分~。

詳細は以下を

http://www.nacsj.or.jp/2017/05/1589/

なかなか豪華な企画。お勧め。

2017年5月21日 (日)

5.27辺野古新基地建設阻止 県民集会へ!

辺野古新基地建設阻止! K9護岸工事を止めろ!環境破壊を許さない県民集会

17年5月27日 11時~12時

辺野古キャンプシュワブゲート前

主催:辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議 ℡ 098(869)4312

注意:①会場整理員の誘導に従ってください。(車道は混み合うので、要注意)

②会場周辺は混み合います。注意して。③妨害に来る集団の挑発に乗らないように。冷静沈着に行動しよう。④集落内への駐車禁止。公共交通機関や島ぐるみ会議が出すバスをご利用ください。

◎集落内ではマナーを守り、丁寧な挨拶に努めましょう。辺野古でも本音は反対の声が広がってきています。だからこそ、上記の件も含めて、何卒よろしく御願いいたします。チラシなど絶対に捨てないこと。(ヤマヒデ)

2017年5月13日 (土)

軍隊と性暴力を考えるシンポジウム(宮古島)

軍隊と性暴力を考えるシンポジウム

日時:17年5月21日 14時30分~17時

場所:宮古島 中央公民館2階研修室

   http://www.city.miyakojima.lg.jp/kurashi/shisetsu/koukyo/shisetu17.html

発言者:高里鈴代さん 「軍事主義と性暴力」

     高良沙哉さん 「構造的暴力としての軍事性暴力」

主催:同シンポ実行委員会 090-9784-1545

「gunntaitoseibouryoku_tirasi.pdf」をダウンロード

2017年5月11日 (木)

映画「知事抹殺の真実」(那覇)

 今インターネットを見ていたら、こんな映画が。原発に疑問を抱いた元福島県知事佐藤栄佐久氏が汚職事件に嵌められて辞職を余儀なくされた真実を描いた映画が各地で上映されていると。私は彼の著作(「福島原発の真実」平凡社 2011年6月刊)を読んでいた。

 沖縄でも6月18日、那覇で上映が決まっていた。これは見なければ。原発と基地、福島と沖縄はこの国の急所。人類の死活問題だ。自治と言うことではお互いに学ぶべきことが多数あるはず。沖縄県知事だって、何をどう嵌められるものか、要注意だし。本件は決して他人事ではない。

17年6月18日 14時(開場)14時30分(開始)

           17時30分 18時

那覇市ぶんかテンプス館4階テンプスホール

入場料;1000円。

詳細は下記を

http://eisaku-movie.jp/theater/theater06182017/

各地でもやっています。

映画 出演 佐藤栄佐久 1939年福島県郡山市生まれ。1983年参議院議員初当選。88年福島県知事。5期、18年、「地方分権・地域主権」の旗印に道州制、原子力エネルギー政策等の国策に異議を唱え、「闘う知事」と呼ばれた。06年、降って沸いたような「汚職事件」で辞任。逮捕。

同映画はその背景と事実を描く。

監督・撮影 我孫子亘

2017年5月10日 (水)

「違法工事の問題点と危険性を告発する」-名護市

辺野古、護岸工事に着手 

違法工事許さない、ちゅら海壊すな!

「違法工事の問題点と危険性を告発する」

日時:17年5月19日(金)18時30分~

名護:名護中央公民館2階研修室(名護市役所の国道58号を挟んで海側の小さいほうの建物)

講師:奥間さん(一級土木施行管理士)

主催:ヘリ基地反対協議会

現状を鑑みながら、どう闘うのかを共に考えていきましょう。多くの人々が参加されることを希望します。(ヤマヒデ)

2017年5月 7日 (日)

5・15平和行進(「復帰」45年)

今年も平和行進の時期を迎えます。今年は沖縄の日本復帰から45年。何がどう変わり、何が変わらないのか。基本的な枠組みはかわらないばかりか、ぎりぎりと締め上げられ、難渋の日々。あぁ。

 平和行進は、労組の取り組み。40回目だそうです。今年は5月11日が結団式、12,13が行進、14日が総括集会(大浦湾の瀬嵩海岸)。詳細は下記を。

http://www.peace-okinawa.net/

 私は5月11日、12日は辺野古テントにおります。13日は別の集会へ。14日は瀬嵩までうかがいます。

 そろそろ沖縄は梅雨に入ります。今年の平和行進の空模様はどうでしょうか。雨対策、暑さ対策に十分に配慮して参加してください。

○追記:労働者の皆さんに欠かせないことは、労働時間の問題でしょう。「労働改革」と称して、月100時間まで残業を認めた安倍政権。こんなことでいいのですか? 平和行進に参加したくても参加できない人たちを見捨てないで。

働くことは、労働者の権利であり、闘うことも労働者の権利です。労働時間は非労働時間とあわせて、労働者が如何なる生活を目指すのかが問われています。つまり権利であり、創造なのです。これは沖縄との連帯にとっても欠かせない視点です。

2017年4月30日 (日)

沖縄にキャンドル・パワー沖韓連帯集会(17年5月13日)

日時:17年5月13日(土) 15時~17時30分

会場:沖縄県立博物館・美術館 2階講堂

参加費:1000円(学割500円)

主催:沖韓民衆連帯 琉球弧活動センター ℡ 090(1088)3007

発言:

○「トランプに世界を壊させない 東アジアから平和を!」 佐藤学(沖縄国際大)

○「オール沖縄の辺野古新基地建設阻止・緊迫の現地報告」 安次富浩(ヘリ基地反対協議会)

○「韓国キャンドル・パワーが生んだ平和への道-星州THAAD配備阻止と済州江汀平和の村造り」 韓国からの平和行進団の皆さん

◎補足 沖縄の5月は平和行進と沖韓連帯集会が定番です。今年は新基地建設を巡る大きな山場を迎えています。連休明けのこのころの沖縄は梅雨入りして、豪雨なんてこともありますが(無論、暑さにやられることも)、この3つを同時体験する意義は小さくないはずです。だが、正念場は長く続きます。頑張り続ける決意を込めて(ヤマヒデ)

2017年3月27日 (月)

辺野古工事中止を求める3・31新宿デモ(東京)

○以下の案内が届きました。東京近辺の方は御参加を!(ヤマヒデ)

【拡散希望】
★山城さん保釈される★「勝つためにはあきらめないこと」
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

. ◆ 「岩礁破砕許可」の期限は切れた!
. ◇ 辺野古新基地建設は違法だ!

. ◆◇ 工事の即時中止を求める3.31新宿デモ ◆◇

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 沖縄防衛局はすでに大浦湾において汚濁防止膜の設置作
業を始め、5月から本格的な工事を進めるとみられていま
す。多くの市民がカヌーでの抗議やキャンプ・シュワプ前
での抗議活動に参加しています。沖縄への差別政策と人権
侵害を恥ずかしげもなく強行する日本政府に対して、関東
に住むわたしたちも抗議の意志を示し、違法だらけの新基
地建設工事を止めなければなりません。ぜひ3月31日はわ
たしたちの抗議の声を大結集しましょう。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
日時◇3月31日(金)18:30アビール開始 19:30デモ出発
集合◇新宿アルタ前広場(JR・東京メトロ「新宿」駅東ロ)
主催◇沖縄・一坪反戦地主会関東プロック(090-3910-4140)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■辺野古新基地建設に関する様々な許可権限は、沖縄県や
名護市が持っています。辺野古・大浦湾の岩礁破砕許可も
知事の権限です。この岩礁破砕許可は今月末で期限切れと
なります。しかし政府は、名護漁協が漁業権を一部放棄し
たとして(漁業法3条参照)、岩礁破砕許可の再申請もせ
ずに工事を強行するつもりです(漁業法22条参照)。地方
自治体の正当な権限を、国が恣意的に無視することを認め
ては、地方自治そのものが骨抜きにされてしまいます。
■安倍政権は「翁長県知事による埋め立て承認取り消し処
分を違法とした12月20日の最高裁判決」を盾に工事を強行
突破するつもりです。この最高裁判決は証拠調べもせず、
国側の主張をコピべしただけのひどい内容でした。裁判官
は環境学の専門家ではないのに、環境学の専門家らによる
第三者委員会の主張を一顧だにせず、仲井眞前知事の埋め
立て承認を合法としました。これを根拠に工事を正当化す
ることは許されません。
■国連人種差別撤廃委員会は、沖縄への基地集中を「人種
差別」と判断し「彼らの権利の促進や保護に関し、沖縄の
人々の代表と一層協議していくこと」と勧告しました。沖
縄では、直近の県知事選、国政選挙の沖縄選挙区で「辺野
古ノー」を公約する候補者が当選しています。「辺野古ノ
ー」を選択した沖縄の人々を無視した日本政府の姿勢は、
国際社会では人権侵害と認識されるものです。政府への抗
議とともに人権侵害を許さない世論を形成していきましょ
う。
■微罪で150日間も勾留されていた山城博治さんが、3月
18日の夜にようやく釈放されました。60名の刑法学者やア
ムネスティの釈放キャンペーン、沖縄選出国会議員の釈放
要請もありました。わたしたちの4万筆の署名、那覇地裁
や地検への手紙作戦の効果もあったと思います。デモや抗
議はムダではありません。まだ一名勾留中です。これから
も抗議活動にまい進しましよう。
**************************
.    沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
. <ホームページ> http://www.jca.apc.org/HHK/
. <ツイッター>  https://twitter.com/hitotsubo_kanto
**************************

2017年3月26日 (日)

4・1違法な埋め立て工事阻止するぞ!-全国各地でも共に

 既報の通り17年3月25日の辺野古キャンプ・シュワブ前での埋立阻止の集会は4000名余りの大結集で成功しました(集会途中での主催者発表は「3500名」ですが、その後も多数の方が参加しました)。

 そして来る4月1日、安倍政権は岩礁破砕許可を再申請せずに工事を続行する気でいます。彼らが言う「法治国家」とは、法手続きを無視した、行政権優越の(法を)放置国家というしかない代物です。

 この17年4月1日は、同時にゲート前での座り込み(14年7月7日)から1000日を迎えます。そこで基地の県内移設に反対する県民会議主催で以下の取り組みが行われます。

日時:17年4月1日(土)

    7時からキャンプシュワブ工事用ゲート前での座り込み行動

   10時~11時 1000日アピール行動

   午後 海上抗議パレード

       大浦湾瀬嵩の浜で陸上から支援行動

主催:基地の県内移設に反対する県民会議

○チラシは以下

「0326.pdf」をダウンロード

お願い:全国各地でも共に可能な連帯行動を。街頭スタンディングなど。

○メッセージボードサンプル(ご自由にお使いください)

「henoko1000.bodo.pdf」をダウンロード

○上記の案内の拡散をお願いします。

2017年3月25日 (土)

山城さんらの第2回公判(17年3月27日)

 山城博治さん、稲葉博さんの第2回公判等は下記の通り。

17年3月27日(月)

○傍聴券配布 11時~11時30分

中央公園(地裁の右奥)で整理券を配布するので其れを受けてからの抽選になります。

○事前集会 12時~13時 城岳公園(地裁前)

○公判 13時30分~ 那覇地裁

多くの方の御参加を、傍聴して、私たちの視点からこの国を裁いていこう。そのぐらいの気概を持って闘おう。

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31