無料ブログはココログ

集会案内(沖縄)

2017年3月27日 (月)

辺野古工事中止を求める3・31新宿デモ(東京)

○以下の案内が届きました。東京近辺の方は御参加を!(ヤマヒデ)

【拡散希望】
★山城さん保釈される★「勝つためにはあきらめないこと」
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

. ◆ 「岩礁破砕許可」の期限は切れた!
. ◇ 辺野古新基地建設は違法だ!

. ◆◇ 工事の即時中止を求める3.31新宿デモ ◆◇

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 沖縄防衛局はすでに大浦湾において汚濁防止膜の設置作
業を始め、5月から本格的な工事を進めるとみられていま
す。多くの市民がカヌーでの抗議やキャンプ・シュワプ前
での抗議活動に参加しています。沖縄への差別政策と人権
侵害を恥ずかしげもなく強行する日本政府に対して、関東
に住むわたしたちも抗議の意志を示し、違法だらけの新基
地建設工事を止めなければなりません。ぜひ3月31日はわ
たしたちの抗議の声を大結集しましょう。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
日時◇3月31日(金)18:30アビール開始 19:30デモ出発
集合◇新宿アルタ前広場(JR・東京メトロ「新宿」駅東ロ)
主催◇沖縄・一坪反戦地主会関東プロック(090-3910-4140)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■辺野古新基地建設に関する様々な許可権限は、沖縄県や
名護市が持っています。辺野古・大浦湾の岩礁破砕許可も
知事の権限です。この岩礁破砕許可は今月末で期限切れと
なります。しかし政府は、名護漁協が漁業権を一部放棄し
たとして(漁業法3条参照)、岩礁破砕許可の再申請もせ
ずに工事を強行するつもりです(漁業法22条参照)。地方
自治体の正当な権限を、国が恣意的に無視することを認め
ては、地方自治そのものが骨抜きにされてしまいます。
■安倍政権は「翁長県知事による埋め立て承認取り消し処
分を違法とした12月20日の最高裁判決」を盾に工事を強行
突破するつもりです。この最高裁判決は証拠調べもせず、
国側の主張をコピべしただけのひどい内容でした。裁判官
は環境学の専門家ではないのに、環境学の専門家らによる
第三者委員会の主張を一顧だにせず、仲井眞前知事の埋め
立て承認を合法としました。これを根拠に工事を正当化す
ることは許されません。
■国連人種差別撤廃委員会は、沖縄への基地集中を「人種
差別」と判断し「彼らの権利の促進や保護に関し、沖縄の
人々の代表と一層協議していくこと」と勧告しました。沖
縄では、直近の県知事選、国政選挙の沖縄選挙区で「辺野
古ノー」を公約する候補者が当選しています。「辺野古ノ
ー」を選択した沖縄の人々を無視した日本政府の姿勢は、
国際社会では人権侵害と認識されるものです。政府への抗
議とともに人権侵害を許さない世論を形成していきましょ
う。
■微罪で150日間も勾留されていた山城博治さんが、3月
18日の夜にようやく釈放されました。60名の刑法学者やア
ムネスティの釈放キャンペーン、沖縄選出国会議員の釈放
要請もありました。わたしたちの4万筆の署名、那覇地裁
や地検への手紙作戦の効果もあったと思います。デモや抗
議はムダではありません。まだ一名勾留中です。これから
も抗議活動にまい進しましよう。
**************************
.    沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
. <ホームページ> http://www.jca.apc.org/HHK/
. <ツイッター>  https://twitter.com/hitotsubo_kanto
**************************

2017年3月26日 (日)

4・1違法な埋め立て工事阻止するぞ!-全国各地でも共に

 既報の通り17年3月25日の辺野古キャンプ・シュワブ前での埋立阻止の集会は4000名余りの大結集で成功しました(集会途中での主催者発表は「3500名」ですが、その後も多数の方が参加しました)。

 そして来る4月1日、安倍政権は岩礁破砕許可を再申請せずに工事を続行する気でいます。彼らが言う「法治国家」とは、法手続きを無視した、行政権優越の(法を)放置国家というしかない代物です。

 この17年4月1日は、同時にゲート前での座り込み(14年7月7日)から1000日を迎えます。そこで基地の県内移設に反対する県民会議主催で以下の取り組みが行われます。

日時:17年4月1日(土)

    7時からキャンプシュワブ工事用ゲート前での座り込み行動

   10時~11時 1000日アピール行動

   午後 海上抗議パレード

       大浦湾瀬嵩の浜で陸上から支援行動

主催:基地の県内移設に反対する県民会議

○チラシは以下

「0326.pdf」をダウンロード

お願い:全国各地でも共に可能な連帯行動を。街頭スタンディングなど。

○メッセージボードサンプル(ご自由にお使いください)

「henoko1000.bodo.pdf」をダウンロード

○上記の案内の拡散をお願いします。

2017年3月25日 (土)

山城さんらの第2回公判(17年3月27日)

 山城博治さん、稲葉博さんの第2回公判等は下記の通り。

17年3月27日(月)

○傍聴券配布 11時~11時30分

中央公園(地裁の右奥)で整理券を配布するので其れを受けてからの抽選になります。

○事前集会 12時~13時 城岳公園(地裁前)

○公判 13時30分~ 那覇地裁

多くの方の御参加を、傍聴して、私たちの視点からこの国を裁いていこう。そのぐらいの気概を持って闘おう。

2017年3月18日 (土)

いま、沖縄の医療もねらわれている(3月22日 那覇市)

いま、沖縄の医療もねらわれている-医療分野に伸びる戦争する国づくりの触手 安倍政権のもとで進む軍事医療-

日時:17年3月22日(水)18時~

会場:沖縄協同病院3階講堂(那覇市古波蔵4-10-55)

講師:平山武久さん(日本平和委員会常任理事 日本科学者会議会員)

主催:沖縄県平和委員会 沖縄県民主医療機関連合会

 昨年12月、安倍自公政権は来年度防衛予算案を閣議決定しました。辺野古新基地建設の強行とともに、沖縄の医療拠点のあり方検討に関する予算を計上しています。

 沖縄では米軍が海軍病院を運営し、医療搬送部隊も常駐させています。自衛隊は那覇に自衛隊病院を置き、民間病院は国民保護法に元づく指定公共機関になっています。海軍病院のすぐとなりに琉大医学部附属病院などを移転させる計画もあります。軍事医療の基盤強化が懸念されています。

 そこで、医療分野での戦争態勢強化や自衛隊医療の動きを系統的に追跡し、問題提起を行っている平山さんをお迎えして学習会を行います。医療機関で働く皆さんをなじめ、多くの皆さんの参加を呼びかけます。(ちらしの要旨)

○以上同ちらしから再構成。沖縄は長年、戦場に近い島と言われてきましたが、再び急速に戦場にされる島になる勢いです。冗談じゃありません。だからこそこの呼びかけは重要だと思います。昨日の琉球新報(17年3月17日)には、「防衛省の医療拠点調査費/南西地域出動を想定」していると防衛省は認めていると報じています。同記事の中で赤嶺政賢衆議院議員は「先島諸島が戦場になることを想定し、負傷兵の医療体制を前線に近いところで、どう構築するのか。そういう検討だ」と指摘し、宮古島、石垣島等の住民が戦争に巻き込まれることを懸念した」とあります。(ヤマヒデの補足)

2017年3月16日 (木)

違法な埋立て工事の即時中止を求める県民集会へ!

標記の集会が以下の要領で開催されます。

日時:17年3月25日(土)11時~12時

会場:辺野古キャンプシュワブゲート前

主催:辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議

  ℡:098(869)4312

 沖縄防衛局は沖縄県との協議事項を遵守することなく、違法な辺野古新基地建設工事を強行している。

 このような法を無視した違法な状況に抗議しよう。

 沖縄県民の辺野古新基地建設反対の強固な民意を日米政府に示すため、「違法な埋立て工事の即時中止を求める県民集会」を開催します。

以上。

追伸:翁長知事も登壇します。

○名護市市民会館からバスがでます。9時と10時。バス代500円。

○那覇市 9時40分 首里駅 

       9時35分 高速入り口崎山バス停

       9時     県庁南口バス亭

       9時30分 とまりん緑地帯前

       9時15分 コープ国場前

       9時15分 識名交番前

       9時10分 奥武山バス停

       9時30分 県民広場

西原町   9時    西原町陸上競技場駐車場

糸満市   9時    糸満市役所

八重瀬町 8時30分 八重瀬町役場 

うるま市  8時    うるま市役所与那城庁舎

       8時30分 うるま市役所本庁舎

       9時    うるま市役所 石川庁舎

中城村  9時     吉の浦会館

沖縄市  9時     古謝バス停

宜野湾市 9時    宜野湾市役所前バス停

読谷村  9時    読谷村役場バス停

 詳細は上記のオール沖縄会議にお問い合わせください。

 本当に今が最大の節目を迎えています。ここで押し返していく流れを造らなければなりません。現地にこれない方は、それぞれの持ち場での意思表示を。全国の防衛局に抗議の声を!(ヤマヒデ)

なお、会場周辺、集落内は駐車禁止です。住民に迷惑をかける行為、誤解を与える言動は、お慎みください。駐車スペース等の問題は担当の整理員の指示に従ってください。

 どうぞよろしく御願いいたします。

○東京では下記の通り同時行動が行われます。参加可能な方は是非ご参加ください。

なお全国各地でも同時行動があるかもしれません。それぞれお調べいただき、全国的な盛り上がりを作り出したいものです。(ヤマヒデ)

https://henokorelay.wordpress.com/2017/03/18/standing_at_shinjuku/

○マガジン9条にも私のブログが転載されています。

http://www.magazine9.jp/demoinfo/

○このほかトラックバックを参照。

2017年3月11日 (土)

山城博治さんらの公判に結集を(17年3月17日)

 いよいよ山城博治さん、稲葉博さん、Tさんの裁判が始まる。お集まりください。

 17年3月17日、10時裁判。那覇地裁。

 9時地裁前の城岳公園に集まってください。事前集会。

 18時から県民広場(県庁前)集会とデモ。

大いに気勢を上げて、屈しない私たちの力を示していこう。

詳細は下記を

https://hitkyuen.wordpress.com/2017/03/09/3-17%e5%88%9d%e5%85%ac%e5%88%a4%e9%9b%86%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7/

2017年3月 5日 (日)

「辺野古の今とこれから」連続学習会(名護)

①新基地建設工事の現段階と私たちにできること

 講師:北上田 毅(抗議船船長・元土木技術者)

 とき:17年3月8日 18時30分~20時30分

 会場:名護市中央公民館2階 第1・2研修室

②地方政治から考える辺野古新基地建設

 講師:大城 渡(名桜大上級准教授/憲法学) 

 とき:3月24日 18時30分~20時30分

 会場:名護市中央公民館2階小ホール

主催:いーなぐ会(稲嶺市政を支える女性の会)

連絡先:090(7586)3348(浦島)

2017年2月22日 (水)

宮古島はどうなる?3月19日講演会(宮古島)

 以下の呼びかけが届きました。

「陸自ミサイル基地配備で 宮古島[水・暮らし]はどうなる?

日時:17年3月19日 14時~17時

会場:JA宮古・大ホール(宮古島市平良西里1440-1)

課題:①陸自ミサイル基地配備で地下水への影響(渡久山章さん・新城竜一さん)

    ②トランプの世界で宮古・沖縄はどうなる?(佐藤学さん)

主催:3・19宮古島はどうなる?講演会実行委員会

問い合わせ:事務局 090(9784)1545(清水)

●宮古島や石垣島、与那国島、奄美大島、馬毛島(種子島)、そして沖縄島は、政府がいうところの「島嶼部」に位置付けられ、対中包囲網であり、最前線に置かれています。これは辺野古や高江・伊江島などとも露骨にリンクさせられているのです。もはや米軍は米軍、自衛隊は自衛隊の時代ではないのです。

 いまや明白に「日本列島不沈空母」状態です。米国の利益を守る算段に"yes"としか言わない安倍政権。こんなものにいつまで騙されているのですか? もはや時間がありません。取り戻すのは私たち自身です。

この際、宮古島まで足を伸ばして、議論に参加してください。(ヤマヒデ)

沖縄とネイティブアメリカンを繋げよう(17年2月25日 名護市)

上記の集会が以下の要領で開催されます。とても興味深く、私たちも学べる会になると期待しています。(ヤマヒデ)

趣旨:髪結い夫婦とうたう旅人ちゃる 上映トークライブ

詳細は下記のチラシを参照

Imgp3070_851x1280


日時:17年2月25日(土)

会場:名護中央公民館小ホール

主催:髪結い夫婦

料金:カンパ

2017年2月18日 (土)

山城博治さんたちの即時釈放を求める大集会

◎以下の集会が開かれます。平日午後ですが、多くの皆様の参加を願います。3名に対する弾圧を跳ね返し、沖縄を永遠に基地の島に据え続ける安倍政権を許さず、沖縄の自決権をしっかりと手繰り寄せていきましょう。(ヤマヒデ)

以下、チラシから抜粋転載

 安倍政権の悪意と不条理さが山城博治さんの全身に覆い被さり、押しつぶそうとしています。山城さんは、アベ政権の差し金で不当逮捕され、異常な長期勾留を強いられています。しかも、接見禁止が続き。弁護士と刑務官以外に会話が許されていません。末端冷え症の山城さんは、狭い独房の中で寒さに震えながら、この状態に耐えています。(中略)

 このような酷い仕打ちは、大病から回復して間もない山城さんを精神的肉体的に抹殺しようとするものであり、まさに政府・警察・検察・裁判所総ぐるみの殺人的所業と断じてよいでしょう。

 そしてⅠさん、Tさんについては、接見禁止はついていないものの、極めて軽微な事案に係わらず長期勾留が続いています。(中略)

 私たちは、このような不当逮捕、長期勾留=政治弾圧を絶対に許すことはできません。よって、私達は下記の通り、「山城博治さんたちの即時釈放を求める大集会」を敢行します。安倍政権の弾圧執行機関になりさがった那覇地方裁判所に対して徹底的な抗議行動を展開します。この大集会に万難を排して参加されることを心から呼びかけます。

日時:2月24日(金)15時 城岳公園(那覇地裁脇)集合

            15時~集会・抗議行動

            16時30分~デモ出発(地裁-国際どおり-県民広場)

主催:実行委員会(山城博治さんたちの即時釈放を求める会、政治弾圧による不当逮捕・勾留者を支援する会、基地の県内移設に反対する県民会議)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30