無料ブログはココログ

集会案内(沖縄)

2017年8月10日 (木)

翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない県民大会

17年8月12日に迫りました。あさっての土曜日です。

 翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない県民大会

―地方自治と民主主義・人権を守るため、この不条理に全力で抗い続ける―

日時:17年8月12日(土) 開場:13時30分 開会14時 閉会15時(雨天決行)

会場:奥武山陸上競技場(那覇市)

主催:辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議 098(869)4312

●結集には公共交通機関をできるかぎりご利用ください。

●熱中症対策に万全に。

●周辺は混み合います。速めにおいでください。

〇シンボルカラーは青。

〇新基地建設を止めるために自らが動き始めよう。この思いを育んでいきましょう。

2017年8月 3日 (木)

月桃の花(上映会とコンサート) 17年8月11日 名護市

いま、考える沖縄戦の実相と平和

『月桃の花』上映会とコンサート

日時:2017年8月11日 12時30分 開場 13時開演

                 16時30分開場 17時開演

コンサート:海勢頭豊さんら。友情出演:沖縄・名護ジュニアコーラス

入場料:1000円(当日1200円) 高校生以下/500円。

主催:「GAMA-月桃の花」上映実行委員会

後援:名護市ほか。

問い合わせ:0980(53)1338 竹下 090(3790)7603 大城

◎1995年の映画です。しかし私達は、あの沖縄戦についてどこまで語り伝えているのか。再び戦場にされないように、真剣に行動していきましょう。過去と現在をつなぎ、戦場と基地をつないでいこう。決して許せない!

2017年7月25日 (火)

明日の7月25日の海上行動の予定が変わりました

 明日7月25日の海上総行動は、7時30分、テント2集合、9時出発は変わらないが、場所が変わった。大浦湾のK9護岸をターゲットから辺野古のK1護岸が焦点だろうと急遽変更。松田浜から出発する。カヌー80名、船6隻。ぐらい。明日の天候(予報)は曇だが、天候ばかりか、暑さ対策や天候の急変や潮の干満の時間などの把握が重要。一糸乱れない態勢をとっていただきたい。

 無論初心者は、事前に練習していただいただろうが、くれぐれも無理のないように。軍警がカヌーを持ち出しているし、チョッカイを出してこないとも限らない。引けとの指示がでたら速やかに引くのだよ。

 当日来て乗せては、駄目です。あなたの安全のためであり、全体の安全のためです。ご理解を願います。

 陸上とのエールの交歓は、13時~松田浜近くで。思いをひとつにしっかりと力を合わせよう。私はフォトグラファーとして船上から撮影に集中したい。ご協力を御願いいたします。

2017年7月11日 (火)

人間の鎖 大行動(17年7月22日 キャンプ・シュワブフェンス沿い)

 辺野古・大浦湾の埋め立てを止めよう 人間の鎖 大行動

 17年7月22日(土)14時~15時

 キャンプ・シュワブ・フェンス沿い(国道329号線)

主催:基地の県内移設に反対する県民会議 (問い合わせ:平和運動センター 098-833-3218)

メインゲートを中心に辺野古バス停(「第2辺野古」)と反対側に第2ゲート、弾薬庫・大浦湾が見える辺りまで、人間の鎖で包囲。

◎註:できる限り、公共交通機関を利用したり、車を乗り合わせておいでください。辺野古集落内での駐車はご遠慮ください。辺野古川沿いの道路ほか特定の場所のみ駐車可。現場の指示に従ってください。

◎炎暑が予想されます。熱中症対策をお忘れなく。水分の補給など。

◎ゴミは必ずお持ち帰りください。

〇7月25日は海上抗議行動もありますし、日々の座り込みに(日曜日を除く)ご参加ください。

2017年7月 9日 (日)

ジュネーブ帰国報告会(17年7月15日夜 那覇)

 去る6月にジュネーブで行われた人権理事会の場に出席した山城博治さんや金高望弁護士の帰国報告会が開かれます。

 日時:17年7月15日(土)18時30分~21時

 場所:那覇市職員厚生会厚生会館多目的ホール(那覇市おもろまち)

 主催:沖縄国際人権法研究会

 詳細:http://okinawahumanrights.blogspot.jp/2017/07/715_4.html?m=1

◎「世界が沖縄を見ている。沖縄は孤立していない」と語った山城さん。世界(人権)の視線から沖縄との交差を探りながら、今後の沖縄の生き方に示唆を得る報告会になるのではないでしょうか。

2017年7月 8日 (土)

沖縄県庁前 辺野古・高江写真展(17年7月22日、23日) 

県庁前 辺野古・高江写真展 開催(キャプションを4ヶ国語で表示)

 約120枚並べます

17年7月22日 23日 両日とも 10時から18時

沖縄県庁前

主催:沖縄平和サポート

チラシは「kenntyoumaesyasinn.pdf」をダウンロード

辺野古に土砂を送らない・持ち込ませない!集会へ

辺野古に土砂を送らない・持ち込ませない!それぞれのふるさとを守ろう! 連続学習会

新基地建設に向けた護岸工事が進む大浦湾。埋立てには膨大な量の土砂が必要です。その土砂の搬出地である各地で辺野古に土砂を送らない闘いが立ち上がっています。

 沖縄では沖縄の生物多様性を守るために外来生物の侵入を防ごうと土砂条例を制定。それぞれのふるさとの生物多様性を守る観点から、辺野古に土砂を送らない、持ち込ませない広域連携の可能性を探ります。

 講師:北上田毅さん(辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会顧問/抗議船船長/元土木技師)

 ◎埋め立て工事の概要と現段階

 講師:湯浅一郎さん(辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会顧問/環瀬戸内海会議共同代表/理学博士-海洋物理学・海洋環境学)

 ◎生物多様性戦略国家戦略に依拠して辺野古埋め立てを止めよう

南部

 日時:7月14日 18時30分~20時30分。

 会場:豊見城社会福祉センター2階ホール(中央公民館隣)(098-856-2482)

主催:南部島ぐるみ協議会(連絡先:070-5418-8872 豊見城事務局

北部

日時:7月15日 18時~20時

会場:名護市労働福祉センター 1階ホール(0980-52-3183)

共催:本部町島ぐるみ会議 島ぐるみ会議名護(連絡先090-7586ー3348 浦島)

2017年7月 7日 (金)

映画と講演の夕べ(うるま)

映画と講演の夕べ

17年7月21日(金) 18時30分~

うるま市民劇場燈ホール

1部 映画上映 「This is a オスプレイ」藤本幸久・景山あさ子 共同監督 森の映画社

2部 講演「暮らしの闘争ー分断を越える草の根」

   講師 阿部小涼さん(琉球大教員・合意していないプロジェクト)

主催 うるま市具志川9条の会、うるま市島ぐるみ会議

入場料 500円。

以下、ヤマヒデの雑感

私はこの映画を観ていません。どんなでしょうか?一見の価値はあると思います。小涼(こすず)さんは琉大教員で、一年間プエルトリコで軍事基地の問題を学んできています。初めて聴くことが多いと思います。草の根ピープルとしての情報交換のヒントが得られたら面白そうです。正に分断を越えることが極めて重要だと私も考えています。面白い議論ができたら、前向きになれるでしょう。

2017年7月 5日 (水)

シュワブゲート前座りこみ3周年集会 17年7月6日

 早いもので、キャンプシュワブ前での座り込みは、明日(17年7月6日)で3周年を迎えます。暑い日、大雨の日、寒い日があり、作業車が入り、機動隊の規制・排除が繰返されていますが、つらいことばかりじゃない。お互いに勇気と元気を与えながら、もらいながら、やってきました。

 日々作業が進んでいると錯覚している方もいるかもしれませんが、そもそもK9護岸の工事設計すらまともにできていない。況して、日本政府に今後の展望などないのです。猪突猛進を如何に食い止めていくのか。現場で、言論や様々な表現手段で、選挙で、もっとも大きなことは私たちひとりひとりが、自治の、政治の主体だということを具体化していくことです。

 彼らは「法治国家」だと自称していますが、ウソ八百。大きな声で言ったほうが勝ちだと言うファシズム的手法を行使しているだけです。私たちは、これ以上下がる余地がなくなってきましたが、彼らにも余裕がない。

 私達は確信をもたなければなりません。戦争する国家を許さないと。人を殺さなければ繁栄できない経済など蹴っ飛ばし、差別を平然とする社会を断じて許さないと。だからこそ、私達は過去から学ばなければなりません。

 沖縄の海・空・陸は、沖縄のもの。新基地建設を許しません。軍事と共にを拒絶し、自然と共に、文化と共に、人間を労わりあい、生きていこう。勝つ方法は諦めないことを実践していこう。(以上はヤマヒデの呼びかけであり、主催者のものではありません。誤解のないように。主催者からのチラシ等を見ていない)

 明日17年7月6日、10時から11時、シュワブゲート前。主催:基地の県内移設を許さない県民会議。

2017年6月13日 (火)

辺野古新基地を許さない 7月25海上座り込み

Imgp8625_800x532


辺野古新基地を許さない 7月25日海上座り込み

大浦湾をカヌーと船でうめつくそう!

詳細は以下のチラシを

「7.25海上座り込み白黒チラシ送信用.pdf」をダウンロード

主催:ヘリ基地反対協議会

カヌーで、船で、瀬嵩浜で、全国から。ただしカヌーは当日だけでは乗れません。練習にきてからです。

自然を壊すな!新基地建設を止めよう!

無理を引っ込め、道理が通る世の中に。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31