無料ブログはココログ

集会案内(沖縄)

2017年6月13日 (火)

辺野古新基地を許さない 7月25海上座り込み

辺野古新基地を許さない 7月25日海上座り込み

大浦湾をカヌーと船でうめつくそう!

詳細は以下のチラシを

「7.25海上座り込み白黒チラシ送信用.pdf」をダウンロード

主催:ヘリ基地反対協議会

カヌーで、船で、瀬嵩浜で、全国から。ただしカヌーは当日だけでは乗れません。練習にきてからです。

自然を壊すな!新基地建設を止めよう!

無理を引っ込め、道理が通る世の中に。

2017年6月 9日 (金)

辺野古新基地建設阻止! 大浦湾は誰のもの?

17年6月18日 13時~15時まで。

名護市市民会館中ホール

講師:熊本一規さん(明治学院大教授)

趣旨:海は本来「公共財」。公共の海面に臨時制限区域という不思議?(不法) と埋立ての関係など。洗いざらい整理していただきます。この海を私たちのものだと言い切れる確信を。

主催:辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議

電話:098(869)4312 ファックス:098(869)4313

6・10国会大包囲と連帯する辺野古現地集会

来る17年6月10日は国会大包囲。止めよう!新基地建設 共謀罪法案を廃案に!ですが、辺野古現地でも連帯して声をあげます。

6月10日11時~12時

キャンプシュワブメインゲート前

主催:共謀罪NO!沖縄実行委員会 連絡先:沖縄平和運動センター 098(833)3218

通常通り、8時から11時は議員行動、午後も座り込みは継続します。

◎共謀罪反対の声を上げる集会。近代刑法の特質は、行為に対する処罰。行為者に対してではありません。「話し合うことが罪になる」との批判は、内心で思い、話し合った段階で「準備行為」にあたるとされかねないからです。

冗談を言えば、監視され、盗聴され、密告され、スパイを送り込まれ、「テロリズム集団」へ「組織的犯罪集団」へ仕立て上げられていきます。

こんなものが通れば、正に沖縄の闘いを一網打尽にすることが狙われていきます。道交法、公務執行妨害罪なども対象です。「何で止められないのだ。悔しいね」と話し合っただけで、やられかねないのです。

だからこの共謀罪廃案と新基地建設阻止は、切っても切り離せない。(ヤマヒデ)

2017年5月30日 (火)

島ぐるみ会議 名護 講演と総会の夕べ(名護)

島ぐるみ会議 名護 講演と総会の夕べ

17年6月8日 18時30分

名護市労働福祉センター

講演:稲嶺進市長

「名護のことは名護が決める」と、「海にも陸にも基地をつくらせない」と全力を挙げて闘っている稲嶺進さんは私たちの誇りとするところです。自治と財政の健全化に向けた努力も高く評価すべき実績を現にあげてきました。是非とも進さんの講演を聞き、これからの名護の展望を語り合いましょう。(ヤマヒデ)

主催・:島ぐるみ会議 名護 連絡先 090(1084)3734(仲村)

2017年5月24日 (水)

島嶼の生態系を守るために(17年5月27日 那覇)

来る5月27日はあちこちで忙しい。私は東京に行っているのだが(どこに参加するか未定)、沖縄の那覇では以下の企画もある。

島嶼の生態系を守るために 13時30分~。

詳細は以下を

http://www.nacsj.or.jp/2017/05/1589/

なかなか豪華な企画。お勧め。

2017年5月21日 (日)

5.27辺野古新基地建設阻止 県民集会へ!

辺野古新基地建設阻止! K9護岸工事を止めろ!環境破壊を許さない県民集会

17年5月27日 11時~12時

辺野古キャンプシュワブゲート前

主催:辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議 ℡ 098(869)4312

注意:①会場整理員の誘導に従ってください。(車道は混み合うので、要注意)

②会場周辺は混み合います。注意して。③妨害に来る集団の挑発に乗らないように。冷静沈着に行動しよう。④集落内への駐車禁止。公共交通機関や島ぐるみ会議が出すバスをご利用ください。

◎集落内ではマナーを守り、丁寧な挨拶に努めましょう。辺野古でも本音は反対の声が広がってきています。だからこそ、上記の件も含めて、何卒よろしく御願いいたします。チラシなど絶対に捨てないこと。(ヤマヒデ)

2017年5月13日 (土)

軍隊と性暴力を考えるシンポジウム(宮古島)

軍隊と性暴力を考えるシンポジウム

日時:17年5月21日 14時30分~17時

場所:宮古島 中央公民館2階研修室

   http://www.city.miyakojima.lg.jp/kurashi/shisetsu/koukyo/shisetu17.html

発言者:高里鈴代さん 「軍事主義と性暴力」

     高良沙哉さん 「構造的暴力としての軍事性暴力」

主催:同シンポ実行委員会 090-9784-1545

「gunntaitoseibouryoku_tirasi.pdf」をダウンロード

2017年5月11日 (木)

映画「知事抹殺の真実」(那覇)

 今インターネットを見ていたら、こんな映画が。原発に疑問を抱いた元福島県知事佐藤栄佐久氏が汚職事件に嵌められて辞職を余儀なくされた真実を描いた映画が各地で上映されていると。私は彼の著作(「福島原発の真実」平凡社 2011年6月刊)を読んでいた。

 沖縄でも6月18日、那覇で上映が決まっていた。これは見なければ。原発と基地、福島と沖縄はこの国の急所。人類の死活問題だ。自治と言うことではお互いに学ぶべきことが多数あるはず。沖縄県知事だって、何をどう嵌められるものか、要注意だし。本件は決して他人事ではない。

17年6月18日 14時(開場)14時30分(開始)

           17時30分 18時

那覇市ぶんかテンプス館4階テンプスホール

入場料;1000円。

詳細は下記を

http://eisaku-movie.jp/theater/theater06182017/

各地でもやっています。

映画 出演 佐藤栄佐久 1939年福島県郡山市生まれ。1983年参議院議員初当選。88年福島県知事。5期、18年、「地方分権・地域主権」の旗印に道州制、原子力エネルギー政策等の国策に異議を唱え、「闘う知事」と呼ばれた。06年、降って沸いたような「汚職事件」で辞任。逮捕。

同映画はその背景と事実を描く。

監督・撮影 我孫子亘

2017年5月10日 (水)

「違法工事の問題点と危険性を告発する」-名護市

辺野古、護岸工事に着手 

違法工事許さない、ちゅら海壊すな!

「違法工事の問題点と危険性を告発する」

日時:17年5月19日(金)18時30分~

名護:名護中央公民館2階研修室(名護市役所の国道58号を挟んで海側の小さいほうの建物)

講師:奥間さん(一級土木施行管理士)

主催:ヘリ基地反対協議会

現状を鑑みながら、どう闘うのかを共に考えていきましょう。多くの人々が参加されることを希望します。(ヤマヒデ)

2017年5月 7日 (日)

5・15平和行進(「復帰」45年)

今年も平和行進の時期を迎えます。今年は沖縄の日本復帰から45年。何がどう変わり、何が変わらないのか。基本的な枠組みはかわらないばかりか、ぎりぎりと締め上げられ、難渋の日々。あぁ。

 平和行進は、労組の取り組み。40回目だそうです。今年は5月11日が結団式、12,13が行進、14日が総括集会(大浦湾の瀬嵩海岸)。詳細は下記を。

http://www.peace-okinawa.net/

 私は5月11日、12日は辺野古テントにおります。13日は別の集会へ。14日は瀬嵩までうかがいます。

 そろそろ沖縄は梅雨に入ります。今年の平和行進の空模様はどうでしょうか。雨対策、暑さ対策に十分に配慮して参加してください。

○追記:労働者の皆さんに欠かせないことは、労働時間の問題でしょう。「労働改革」と称して、月100時間まで残業を認めた安倍政権。こんなことでいいのですか? 平和行進に参加したくても参加できない人たちを見捨てないで。

働くことは、労働者の権利であり、闘うことも労働者の権利です。労働時間は非労働時間とあわせて、労働者が如何なる生活を目指すのかが問われています。つまり権利であり、創造なのです。これは沖縄との連帯にとっても欠かせない視点です。

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30