無料ブログはココログ

集会案内(「日本」)

2017年11月25日 (土)

辺野古に行こう! 新基地建設阻止-名護市長選勝利をめざして

 来年2 月4 日は名護市長選挙の投票日です。

辺野古新基地建設反対を貫いてきた稲嶺進市長には、ぜひ3 度目の当選を果たしてほしいです。選挙期間中(12 月~ 2 月頭までの間)、沖縄現地の皆さんが選挙運動に専念できるよう、

キャンプ・シュワブゲート前の座り込みに首都圏から積極的に参加するべく、この集会を企画しました。

沖縄平和運動センター事務局長の大城悟さんに現地の最新情報を伺とともに、初めて辺野古に行く人でも安心できる情報も共有したいと思います。

ふるってご参加ください︕

●日時 12月2日(土)18時半開始(18時開場)
●場所 文京区民センター 3A会議室
 都営、三田線・春日駅下車徒歩2分 東京メトロ・後楽園駅下車徒歩5分
●沖縄からの報告 大城悟さん(沖縄平和運動センター事務局長)
●主催 辺野古への基地建設を許さない実行委員会
●連絡先 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
     090-3910-4140

2017年11月14日 (火)

辺野古新基地建設反対11・18新宿デモ

◎以下の案内が届きましたので、転載します。東京付近の方は是非ご参加ください。(ヤマヒデ)
★☆ 辺野古新基地建設反対11.18新宿デモ ☆★
★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡★
11月18日(土)新宿アルタ前
.        アピール◎14時~
.        デモ行進◎集合14:45 出発15時
https://transit.yahoo.co.jp/station/top/22741/
主 催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会
連絡先:電話090-3910-4140
.     (沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 先日行われた総選挙では、日本全体では自民が過
半数を占める圧勝をしましたが、沖縄では、「辺野
古新基地を造らせないオール沖縄会議」の候補者が
4選挙区の内3選挙区で勝利しました。1選挙区で
は残念でしたが、沖縄全体では基地反対候補の票が
過半数を占め、前回比例区で4名が復活した基地賛
成派が今回2名に留まり、基地建設反対が沖縄の大
半の民意であることが改めて示されたのです。
 しかし、「本土」では、社民党や共産党が基地反
対を公約に掲げ、選挙直前に結成された立憲民主党
が「辺野古移設の再検証」「県民の理解を得られる
道をゼロベースで見直す」と掲げたにもかかわらず、
全く選挙の争点にはなりませんでした。どこまで沖
縄を無視するのでしょうか?
 選挙戦の最中の10月11日午後、米軍の大型ヘリコ
プターCH53Eが東村高江の民有地に墜落炎上する
重大事故が発生しました。同型機は、2004年8月に
沖縄国際大学に墜落しています。現場の牧草地は、
事故機近くに県警も翁長知事も近づけないという治
外法権の場となりました。また、事故機からストロ
ンチウム90などの放射性物質が漏れている可能性が
ある土壌を、米軍は一方的に現場から大型トラック
5台で運び出すという「証拠隠滅」を行ったのです。
 こうした事故がある度に繰り返される暴挙に対し、
日本政府は「原因究明と再発防止」を形だけ米軍に
求めるだけです。そして、原因究明が何らなされな
いまま、10月18日、米軍は何事もなかったかのよう
に飛行を再開し、防衛省は追認したのです。
 オスプレイも昨年12月名護市の海岸に墜落・大破
事故を起こしました。すぐさま撤去されるべきです。
 10月10日、那覇地裁では、新基地建設差し止め訴
訟の第1回口頭弁論が行われました。本訴訟は、国
が許可を取らずに行っている違法な岩礁破砕差し止
めを求めるものです。
 仲井真前知事時代に出された岩礁破砕許可は本年
3月31日で期限が切れました。ところが国は、お金
をばらまいて地元漁協に辺野古の海の魚業権を放棄
させ、魚業権がなくなったので許可は不要という理
屈を持ちだしてきました。しかしこれは、漁業権の
一部放棄などの「変更」は知事の許可が必要だとい
う水産庁の従来の見解を一方的に変更したものです。
翁長知事は陳述で、「国に都合の良い解釈で法を運
用することが許されるなら、法の安定性が失われる」
と批判しました。日本の民主主義、地方自治のあり
方が問われています。
 埋立て工着手から半年の10月25日、新基地建設を
許さない海上座り込み行動が行われ、カヌー80艇、
抗議船8隻で辺野古の海が埋め尽くされました。陸
上のキャンプシュワブゲート前では、10月7日、オ
ール沖縄会議の呼びかけで、「辺野古新基地建設阻
止!土曜日県民大行動」の第1回が行われ、1000名
が参加しました。
 沖縄への基地押付けは、「沖縄差別」が底流にあ
ります。これは私たち「本土」の人間の問題です。
首都圏でも「米軍ヘリ墜落抗議」「辺野古新基地建
設反対」「オスプレイは飛ばすな」「自衛隊の配備・
強化反対」の声を上げていきましょう。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
<海にも陸にも基地を造らせない!11.22集会>
●11月22日(水)18:30
●文京区民センター
●報告 翁長久美子さん(名護市議会議員)
●主催 集会実行委員会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
***********************
.  辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
https://twitter.com/henokojitu
https://ja-jp.facebook.com/henokojitu/
***********************

「原発マネーで現地は本当に潤っているのか?」(東京/171123)

17年11月23日13時15分開場 

千駄ヶ谷区民会館1階会議室
講師:山崎隆俊さん(元福井県今立町会議員 「何故『原発で若さの振興』は失敗したのか」著者)
   福士敬子さん(反原発自治体議員・市民連盟)
主催:福島原発事故緊急会議 http:/2011 shinsai.net/ 
    連絡先:090(1705)1297(国富)
お金でたぶらかされてきた原発立地。経済振興は原発からと。しかし本当なのか? 今原発再稼動の動きが各地で起こっているが、これをとめるためにもあらためてこの仕組みを学ぶことが重要です。
原発も基地も元を質せばお金の力。これを潰す方法をあちこちの事例から学ぶ意味は大きいはずです。(ヤマヒデ)

2017年10月28日 (土)

共謀罪廃止を求める11・1院内集会

◎以下のメールがメールが届きました。転載します。
与党が2/3の犠牲を確保し、いつでも改憲発議できる状況と
なってしまいました。「国民の信任を得た」とする安倍政権
のもと、共謀罪がどのように使われるか、とても不安です。
引き続き、安倍政権退陣、共謀罪廃止の声をあげ続けていか
なければと思います。
特別国会が11月1日から8日まで、1週間開かれます。
共謀罪NO!実行委員会は1日開会日に行なわれる「安倍9条改
憲を許さない!・・・」国会前行動後、院内集会を開催します。
安倍政権は特別国会のみで臨時国会を開催しないといっていま
す。この特別国会の期間に廃止法案が提出できるように野党議
員に働きかけていきたいと思いますので、ぜひご参加ください。
あまり宣伝の期間がありません。参加の呼びかけをお願いします。
ビラ添付します。よろしくお願いいたします。
転載・転送お願いします。
**************
 共謀罪法の廃止を求める
    11.1院内集会
**************
▲と き  11月1日(水)13時30分~15時
▲ところ  参議院議員会館講堂
▲挨 拶  主催者・挨拶 
▲発言   NGO・市民団体 ほか
▲資料代  500円
▲主 催  共謀罪NO!実行委員会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
衆議院選挙において自民・公明与党は、2/3の議席を獲得、
改憲発議が可能となりました。戦後、平和憲法の下、培って
きた「平和・人権・民主主義」を破壊し戦争体制の道が加速
することを危惧します。
 戦争体制を補完するのが「共謀罪」です。言論や表現の自
由を奪い、市民活動を萎縮させ、監視社会をもたらす「共謀
罪」は廃止しかありません。引き続き、廃止法案の提出を求
めていきましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[連絡先]
・「秘密保護法廃止」へ!実行委員会(新聞労連 jnpwu@mxk.mesh.ne.jp
  /平和フォーラム 03-5289-8222) 
・憲法9条を壊すな!実行委員会(憲法会議03-3261-9007/許すな!
    憲法改悪・市民連絡会03-3221-4668)
・日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)  mic-un@union-net.or.jp
・共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会(日本民主法律家協会 03-5367-5430)
・ 共謀罪対策弁護団(自由法曹団 03-5227-8255)
・盗聴法廃止ネットワーク(日本国民救援会 03-5842-5842) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年8月 9日 (水)

第5回 8・14日本軍「慰安婦」メモリアル・デー

 ご案内が届きましたので、当ブログにも載せます。実は、今朝、別途届いたちらしを見ていて、これは載せなければと思ったところでした。過去の戦時の話だと切り捨ててはいけない。普段の日常の問題なのだ、これは。(ヤマヒデ)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第5回 8.14日本軍「慰安婦」メモリアル・デー

語り始めた被害者たち

日本軍「慰安婦」、AV出演強要、JKビジネス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<大阪>

日時:2017年8月12日(土)13:30~16:30(13時開場)

会場:PLP会館 大会議室

  (JR大阪環状線天満駅徒歩5分/地下鉄扇町駅4番出口徒歩3分)

資料代:800円(学生・障がい者500円) 

スピーカー:北原みのりさん、尹美香さん

<東京>

日時:2017年8月13日(日) 13:30~16:30(13:00開場)

場所:文京区民センター 3A会議室

  (地下鉄日駅直結。水道橋駅から徒歩10分)

資料代:1000円(学生・障がい者500円)

共催  日本軍「慰安婦」問題解決全国行動 

コーディネーター:北原みのりさん

スピーカー:田口道子さん、仁藤夢乃さん、尹美香さん

1991年8月14日、韓国の「慰安婦」被害者、金学順さんが半世紀の沈黙を破って、自らが日本軍「慰安婦」とされたことを告白しました。性暴力、性搾取、それが、日本が設置した慰安所のなかで起こった事。その後、次々と勇気をだして名乗り出る「慰安婦」被害女性が現れ、数ケ国に及ぶ被害の実態が明らかにされてきました。私たちは、最初に名乗り出た金学順さんの勇気と思いを忘れないために、この8月14日を8.14日本軍「慰安婦」メモリアル・デーとしています。

JKお散歩、JKビジネスはただ遊ぶお金が欲しいだけ、その場限りの考えで、快楽を得るため、と思われてきました。しかし、女子高校生たちは語り始めました、「私たちは買われたのだ」と。背景に虐待があり、貧困がありました。経済的な貧困だけではない関係性の貧困。孤立し、居場所のない彼女たちを買っていく男性。彼女たちは言います、買われる前の背景を知ってほしい……と。

ポルノは楽しむもの、被害者などいないと思われていました。しかし、そこには性暴力があり、性搾取があり、性差別がありました。こんなこと私が悪いのだから、家族にも友人にも相談できないと思っていた女性たちが支援団体に繋がり、解決をともに探る中で、その構造が少しずつ明らかになってきました。そこには、騙し、脅しがありました。メディアにも取り上げられるようになり、相談してもよいのだと思えるようになると、今まで沈黙を強いられていた人たちが次々と相談を寄せるようになりました。

金学順さんが告白すると日本軍「慰安婦」被害者たちが次々と名乗り出た状況と酷似しています。ネット社会という現代的課題も抱えながら利用される女性の「性」、そして踏みにじられる人としての「尊厳」、語られることによって可視化されてきた課題を、金学順さんが告白した日をまえに、ともに考えてみませんか?

<プロフィール>

北原みのりさん 作家/ラブピースクラブ代表

1996年フェミニズムの視点で女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」をつくる。以降、性やジェンダーに関する執筆活動を行っている。著書に「アンアンのセックスできれいになれた?」(朝日新聞出版)「奥様は愛国」(河出書房新社)「性と国家」(河出書房新社)など

尹美香さん 韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)共同代表

挺対協結成(1990年11月)から約1年後の1992年1月、幹事(事務局員)として挺対協に入り、被害者の申告電話を数多く受け付けた。自らの被害を語ることができずに友だちの話だと言い、あるいは、訪ねて来たのについに被害について言えないまま出て行った被害者たちが、語り始めた後、運動の主体となり、自ら被害回復の途を歩む姿を目撃してきた。現在、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団常任理事。

田口道子さん ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS)事務局長

暴力的なAV制作者として著名な監督を執筆者として青少年向けに性について語らせた著作の絶版・回収を求める署名活動を契機に、2009年にPAPS発足。HPに「AVに出演させられそうになったあなたへ」コーナーを設けると、女性たちから相談が寄せられるようになり、現在相談者多数(人身取引被害者サポートセンター・ライトハウスとの協働事業)。PAPS設立時からのメンバーで、元婦人保護施設の施設長。現在「性搾取問題ととりくむ会」事務局。

仁藤夢乃さん 一般社団法人Colabo代表

1989年生まれ。中高時代に街をさまよう生活を送った経験から、女子中高生の支援を行っている。夜間巡回や声掛け、相談。シェルターでの一時保護や宿泊支援。食事・風呂・文具・衣類の提供。児童相談所や病院、警察などへの同行支援。自立支援シェアハウスや虐待や性暴力被害を経験した少女たちの自助グループの運営を行っている。著書に『難民高校生』(ちくま文庫)、『女子高生の裏社会』(光文社新書)がある。

 

問い合わせ先

*大阪集会 090-8383-4197

*東京集会 090-6020-5677

日本軍「慰安婦」問題解決全国行動

http://restoringhonor1000.info

e-mail:i_zenkokukoudou@yahoo.co.jp <mailto:i_zenkokukoudou@yahoo.co.jp>

 

<各地の取り組み>

北海道

①ナヌムの家・安所長講演会

8月5日(土)18:30~    

札幌市エルプラザ4F大研修室BC

②なかったことにする「日韓合意」は無効だ!      

8月11日(金)13:00~   

大通り西4丁目(駅前通り側歩道&芝生)<雨天決行>

富山   

韓国に暮らして、「日韓合意」後を語る(植村隆さん)

8月6日(日)13:30~    

サンフォルテ307

東京(wam)

追悼のつどい ~亡くなった被害者に思いを馳せて         

8月14日(月)13:00~

15:00~交流のお茶会(お茶会は要申込み)         

wam エントランス

名古屋

8・14メモリアル・デー街頭活動   

8月21日(月)12:30~   

三越百貨店前

福山   

8.14日本軍「慰安婦」メモリアル・デーを国連記念日に! in 福山

街頭宣伝         

8月9日(水)18:00~    

福山駅前

広島   

①8.14日本軍「慰安婦」メモリアル・デーを国連記念日に!水曜街頭行動 in ひろしま

8月2日(水)12:00~    

広島市本通り電停前

②言論萎縮をぶっとばせ バッシングから見えてきたこと(植村隆さん)      

8月19日(土)13:30~   

広島弁護士会館 2F 大会議室

北九州

8・14日本軍「慰安婦」メモリアル・デーを国連記念日に! in北九州

8月30日(水)17:00~   

JR小倉駅前

2017年8月 5日 (土)

今だから問う 日本のメデイアと「慰安婦」問題-東京

●以下のご案内が届きましたので。転載させていただきます。

今だから問う 日本のメディアと「慰安婦」問題

~NHK番組改ざん事件(2001年)から現在まで~

 

 16年前の2001年1月に放映されたNHK番組「問われる戦時性暴力」。その前年2000年12月に開廷した「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」(以下、法廷)を取り上げるはずの同番組は、無惨にも改ざんされていました。番組は、法廷を伝えず、元「慰安婦」女性の被害証言や元兵士の加害証言をカットし、法廷を高く評価したコメンテーターの発言をゆがめ、法廷を否定し被害女性を冒涜する発言を入れました。

 法廷の主催団体VAWW-NETジャパン(VAWW RACの前身)と松井やより(初代代表)は、「沈黙すれば、権力に迎合する自主規制を許すことになる」と同年7月にNHKなどを提訴しました。裁判では、番組デスクの内部告発などにより、NHK上層部が政府高官の「意図を忖度そんたく」(高裁判決文)したこと、つまり政治介入が改ざんを引き起こしたことが明らかになりました。

 そして2017年。「安倍一強」体制下で、メディアの権力への「忖度」がますます強まるなか、〈少女像〉をめぐるNHK番組などでも似たことが繰り返されました。

 今回の総会シンポジウムでは、基調講演にNHK番組改ざん事件を熟知する板垣竜太さんを、パネラーに同番組デスクだった長井暁さん、法廷実行委員だった池田恵理子さん、〈少女像〉NHK番組を検証した岡本有佳さんを招き、メディアと権力と関係について、「慰安婦」問題に焦点をあてて、「今だから」こそ問い直したいと思います。ぜひご参加ください。

★日時:2017年9月16日(土) 13:30開始(13:00開場)

★場所:韓国YMCA 9階ホール

 *最寄駅:JR水道橋駅,地下鉄神保町駅      ☆資料代:1000円(会員割引あり)

  【シンポジウム】              :金富子(VAWW RAC共同代表、コーディネーター) 

  ◎基調講演:板垣竜太(同志社大学教員、メキキネット) 

   :いま振り返るNHK番組改ざん事件(2001年)と政治介入

      ~権力の意向を「忖度」するメディア~

  ◇VAWW RACメッセージ(西野瑠美子+田場祥子):NHK番組改ざん事件の原告として闘って

  ◆長井暁(元NHKプロデューサー、現非常勤講師):元NHK番組デスクとして「今だから」語る

  ◆池田恵理子(元NHKディレクター、wam館長)  

   :「慰安婦」問題をめぐる日本のメディア~NHK番組改ざん事件から現在まで~

  ◆岡本有佳(Fight for Justice運営委員)   

   :メディアの現在を問う~NHK番組「韓国 加熱する“少女像”問題」を中心に~

主催:「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)

   *問い合わせ:tel/fax:03-3818-5903  e-mail:vawwrac@vawwrac.org

●この企画は日本の過去・現在・未来を考える際に、決しておとしてはならない問題を正面から扱っている、と私は考える。(ヤマヒデ)

2017年7月15日 (土)

7月22日辺野古新宿デモへ

  来る17年7月22日、東京の新宿で辺野古新基地建設反対のデモが行われます。これは辺野古への基地建設を許さない実行委員会が主催する定例デモですが、翁長沖縄県知事の差し止め訴訟の動き(17年7月14日沖縄県議会で可決)に呼応するものになるようです。(7月24日頃提訴)。

  読売・安倍広報紙は、防衛省が新たな護岸工事を始めるとの記事を17年7月15日配信していますが、いったいどこをやるのかさえ、明かしていない記事でした。現場の準備段階から見て、大浦湾側のK9護岸の反対側の辺野古側のK1護岸だとおもわれます。全体の設計変更を出さずに、可能そうなところからやるという、いかにも安倍政権らしいやりかたです。

 今、こうした動きに対抗する全国的な取り組みが求められています。東京周辺にお住まいの方は、東京での取り組みに是非参加してください。また、他の各地でも提訴前後の可能な形での取り組みがなされることを期待しています。

 沖縄では既報のとおり、7月22日、シュワブ基地包囲行動が14時~15時行われます。

◎新宿デモ 7月22日 14時 新宿アルタ前(東口)で、アピール デモ出発15時10分。

 連絡先:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック ℡ 090(3910)4140

2017年7月 7日 (金)

JFEは辺野古のケーソンをつくるな! 三重県民集会

JEF(エンジニアリング)は辺野古のケーソンをつくるな! 三重県民集会 津市お城西公園

17年7月22日(土)14時~ 15時デモ行進

主催・辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会

連絡先:柴田天津雄 090(6807)1089

 辺野古埋め立ての核心部の埋め立ては、ケーソンを設置することになっています。巨大な埋め込みの構造物であり、このなかに砂を入れて、コンクリートで固めるものです。

 このケーソンがJFEエンジニアリング㈱津工場で作られるとか。これに反対する取り組みが始まっていますが、地元三重での集会とデモが行われます。「基地をつくらせない、戦争をさせない、沖縄に平和な暮らし」を合言葉に沖縄県民と連帯して、頑張りますとのことです。巨大企業ですが、大きな取り組みになりますように。

関連事項http://www.jfe-eng.co.jp/products/infrastructure/coast/co05.html

2017年6月28日 (水)

沖縄と千葉が今、平和の糸で結ばれる(17年7月1日)

案内が届きました。チラシ、芸が細かい(別添)。主催団体の沖縄と千葉を結ぶ会は、昨年の高江への千葉県警機動隊派遣に講義して監査請求を行ったグループです。(ヤマヒデ)

「沖縄と千葉が今、平和の糸で結ばれる」

日程:17年7月1日14時~16時30分

内容:監査請求の報告の後に、基調講演

糸数慶子参院議員

琉球舞踊。

会場:千葉商工会議所第1ホール

https://www.chiba-cci.or.jp/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/

チラシは以下から

「1.pdf」をダウンロード

会場:

2017年6月20日 (火)

「沖縄とともに」2017沖縄シンポジウム(東京弁護士会主催)

東京弁護士会が好企画をやっています。お近くの方は是非御参加ください。(ヤマヒデ)

「沖縄とともに-1945年6月23日を心に刻む」

 第2次世界大戦における沖縄戦が組織的な戦いとして終了したのが1945年6月23日であり、毎年、沖縄ではこの日に慰霊の行事が行われています。

 日本の国土の中で、唯一地上戦が行われた沖縄のことを忘れてはなりません。

日時:6月24日 12時20分~

 エイサー(都立調布南高校同窓会伝統芸能同好会 神和海(みなみ)の皆さん

 「対馬丸事件を語る」外間邦子さん(対馬丸記念館常務理事)

 「辺野古の今」武田真一郎さん(成蹊大法科大学院教授

会場:弁護士会館(丸の内線霞ヶ関駅B-1b出口)

予約・参加費無料。

問い合わせ:人権課(℡ 03-3581-2205)

同時開催  

●沖縄戦写真展 6月19日~24日 9時~19時(最終日 16時)

弁護士会館一階フロア

註:対馬丸事件 1944年8月22日、学童疎開の沖縄の子ども達を乗せた対馬丸が米潜水艦に撃沈され、学童784名を含む1482名が命を落とした。それは如何なる状況の中だったのか、そもそも学童疎開とはなんだったのか、人の命とはなどが厳しく問われるべきことがらです。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31